« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月30日 (月)

『神を待ちのぞむ』(シモーヌ・ヴェイユ/勁草書房)

『神を待ちのぞむ』(シモーヌ・ヴェイユ 田辺保・杉山毅訳/勁草書房)

---
目次


刊行者のノート……3

手紙(一) 洗礼を前にしてのためらい……9

手紙(二) (同じ主題)……19

手紙(三) 出発について……27

手紙(四) 別れの手紙《精神的自叙伝》……31

手紙(五) ……62

手紙(六) 最後の思想……67

神への愛のために学業を善用することについての省察……85

神への愛と不幸……101

神への暗黙的な愛の種々相……128
 隣人愛130/世界の秩序への愛156/宗教的な勤めへの愛187
 /友愛212/暗黙の愛と明白な愛223

「主の祈り」について……232

ノアの三人の息子と地中海文明の歴史……248

補遺……262

注……266

訳者あとがき……田辺保277

装幀/谷正克(デザインG・P)

---

愛と宗教へのたえざる志向の努力--
深い直観と厳しい内省に貫かれた求道
の姿は現代人の意識に衝撃を与える。

---
カバー折り返し

装幀デザイン:アド工房

---
奥付

訳者紹介

田辺保
1930年 生まれ
1959年 京大大学院博士課程修了、フランス文学専攻
現在 岡山大学・大阪市立大学名誉教授
著書 『シモーヌ・ヴェイユ』(講談社)
   『パスカルの世界像』(勁草書房)
   『純粋さのきわみの死』(北洋社)他
訳書 パスカル『パンセ』(新教出版社、角川書店)
   S・ヴェイユ『ロンドン論集とさいごの手紙』(勁草書房)
   ペラン、ティボン『回想のシモーヌ・ヴェイユ』(朝日出版社)
   S・ヴェイユ『超自然的認識』(勁草書房)他

杉山毅
1931年 生まれ
1957年 京大大学院修士課程修了、フランス文学専攻
現在 広島大学名誉教授
著書 『緑の中の廃虚』(渓水社)
    S・ヴェイユ『ロンドン論集とさいごの手紙』(共訳、勁草書房)
   サン=テグジュベリ著作集5『手帖』(みすず書房)
   ガブリエル・リュシェ『愛と死の手紙』(二見書房)他

神を待ちのぞむ
1967年10月15日 第1版第1刷発行
1987年 6月20日 新装版第1刷発行
2005年10月20日  新装版第6刷発行

著者 S・ヴェイユ 
訳者 田辺保/杉山毅 たなべたもつ すぎ゛やまつよし
発行者 井村寿人
発行所 株式会社勁草書房
ISBN 4-326-15064-5

---

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月12日 (木)

『意識と本質』(井筒俊彦/岩波書店)

『意識と本質 精神的東洋を索めて』(井筒俊彦/岩波書店)

---
目次

意識と本質--東洋哲学の共時的構造化のために……1

本質直観--イスラーム哲学断章……331

禅における言語的意味の問題……367

対話と非対話--禅問答についての一考察……391

後記

---
カバー折り返し

井筒俊彦略歴

1914年東京に生まれる。
1937年慶応義塾大学文学部卒業。
1968年まで慶応義塾大学文学部教授。
以後、マッギル大学(カナダ)教授、イラン王立哲学アカデミー教授を経て、現在は慶応義塾大学名誉教授、Institut International de Philosophie 会員。
著書に、『イスラーム思想史』『イスラーム生誕』『イスラーム哲学の原像』『イスラーム文化』『神秘哲学』『ロシヤ的人間』など。訳書に、『コーラン』『存在認識の道』『ルーミー語録』。
また欧文著作は、Language and Magic ;
Sufism and Taoism--The Comparative Study of the Key Philosohical Concepts ;
Toward a Philosopy of Zen Buddhism

など多数あり。

---
奥付

意識と本質
一九八三年一月二十一日 第一刷発行
定価二八〇〇円
著者 井筒俊彦 いづつとしひこ
発行者 緑川亨
発行所 株式会社岩波書店
印刷・精興社 製本・牧製本

---

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 8日 (日)

『遊びと人間』(ロジェ・カイヨワ/講談社学術文庫)

『遊びと人間』(ロジェ・カイヨワ 多田道太郎・塚崎幹夫訳/講談社学術文庫)

---
目次

日本版への序文……3

序論……13

第一部

一定義……30

二分類……42
 (イ)基本的範疇……46
 (ロ)喧噪から規則へ……67

三遊びの社会性……82

四遊びの堕落……89

五遊びを出発点とする社会学のために……108

第二部

六遊びの拡大理論……126
 (イ)ありえない組み合わせ……128
 (ロ)偶発的な組み合わせ……129
 (ハ)根源的な組み合わせ……131

七模擬と眩暈……138
 (イ)遊びと文化の相互依存……139
 (ロ)仮面と失神……147

八競争と偶然……167
 (イ)変遷……170
 (ロ)能力と運……185
 (ハ)代理……201

九現代社会への再湧出……216
 仮面と制服……217
 縁日……220
 サーカス……225
 空中サーカス……227
 人真似し茶化す神々……228

補論

一偶然の遊びの重要性……236

二教育学から数学まで……262
 1教育心理学的分析……264
 2数学的分析……277

三遊びと聖なるもの……286

参考資料……306
 昆虫における擬態……306
 メキシコの「ヴォラドレス」における眩暈……310
 オマキザルにおける破壊の喜び……311
 スロット・マシーンの発展、それの生んだ熱狂……312
 偶然の遊び、星占いと迷信……322
 蟻の「麻薬」嗜好……323
 成人儀礼のメカニズム……324
 仮面による政治権力の行使……327
 スターへの同一化の強さ。
  たとえばジェームス・ディーン崇拝……329
 秩序ある文明の中への眩暈の再湧出。
  一九五六年十二月三十一日、ストックホルムの事件……331
 仮面、恋の手管と政治的陰謀の道具。
  秘密と不安の象徴。すなわちそのいかがわしい性格……334

訳者解説--ホイジンガからカイヨワへ……340
遊びを考えるための文献リスト……367
訳者後記……372
遊びへの索引……389

---
カバー折り返し

カバーデザイン 井上正篤

---
カバー裏

なぜ人間は遊ぶのか。人は夢、詩、神話とともに、遊びによって超現実の世界を創る。現代フランスの代表的知識人といわれるカイヨワは、遊びの独自の価値を理性の光に照らすことで、より豊かになると考え、非合理を最も合理的に語ってみせる。彼は、遊びのすべてに通じる不変の性質として、競争・運・模擬・眩暈を提示し、これを基点に文化の発達を考察した。遊びの純粋な像を描き出した遊戯論の名著。

---
奥付

カイヨワ(Roger Caillois)
フランスの作家・批評家(1913〜1978)。広い知識に裏づけられた多くの評論を発表。著書は『神話と人間』『人間と聖なるもの』など。

多田道太郎(ただ みちたろう)
1924年京都に生まれる。京大文学部卒。京大教授を経て現在、明治学院大学教授。学術文庫に『複製芸術論』『身辺の日本文化』がある。

塚崎幹夫(つかさき みきお)
1930年神戸市に生まれる。京大文学部卒。富山大学教授。主著『星の王子さまの世界』、訳書、カイヨワ『文学の思い上がり』などがある。

遊びと人間
ロジェ・カイヨワ/多田・塚崎訳
1990年4月10日 第1刷発行
2004年12月1日 第21刷発行

発行者 野間佐和子
発行所 株式会社講談社
装幀 蟹江征治
印刷 株式会社廣済堂
製本 株式会社国宝社

ISBN 4-06-158920-2
---

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »