2007年5月28日 (月)

『17歳のための世界と日本の見方』(松岡正剛/春秋社)

『17歳のための世界と日本の見方 セイゴオ先生の人間文化講義』(松岡正剛/春秋社)

---
もくじ

第一講 人間と文化の大事な関係……3

「関係」は変化しやすい◎「編集」とは何か
「情報」を区切る◎聞こえない風鈴--文化感覚距離
ノックの文化、匂いの文化◎文化と差別◎七メートルの境界線
文化の柔らかいセンサー◎感覚のコミュニケーション◎生命は情報である
サルが立ったらヒトになる◎ヒアとゼアの世界
ネオテニーと成長◎発情期を失った人間
三つの脳の矛盾が文化を生んだ◎母型のちがいと文化のちがい

第二講 物語のしくみ・宗教のしくみ……61

物語と言語◎語り部の記憶◎物語の母型
英雄伝説の三段構造◎『スター・ウオーズ』大成功の秘密
宗教編集者の誕生◎ツァラトゥストラは、かく語った◎モーセと契約
ユダヤ教の光と闇◎アーリア人の大移動--東洋的宗教の誕生
カルマとジャイナ教◎ブッダの生涯◎ブッダの悟りと「縁起」
中国仏教の特徴◎「礼」と「仁」--儒教の考えかた
「無」に遊んだ老荘思想◎一神教と多神教◎「理性」と都市の文化
ヘレニズム文化による世界拡張

第三講 キリスト教の神の謎……135

生と死の問題◎イエス・キリストとは何か……謎・その1
ユダヤ教の歴史(復習です)◎死海文書は誰が作ったか……謎・その2
キリスト教を編集したパウロ◎それでは「神」とは何か……謎・その3
神学の編集作業……謎・その4◎アウグスティヌスの告白……謎・その5
「情報」をつなぐ修道院……謎・その6◎「受苦」と聖性……謎・その7
もう一つの流れ--イスラム教◎「悪」もキリスト教の産物……謎・その8
魔女というコントロール……謎・その9

第四講 日本について考えてみよう……199

日本らしさとは何か--「コード」と「モード」
日本の神話に戻ってみる◎イザナギとイザナミに始まる
日本神話からわかること◎国の歴史を編集する--神話と言語
カミとホトケの戦い◎とこの漢字、おんなの仮名文字
日本的感覚の編集--もののあはれ◎極楽への道すじ
旅する西行◎ 遊行のネットワーク◎「あはれ」から「あっぱれ」へ
親鸞の教えに学ぶ◎女人結界と悪人正機説◎連歌の影響力
禅の感覚と「引き算」の魅力◎夢幻と現実の境目で--幽玄の能

第五講 ヨーロッパと日本をつなげる……281

「異教の知」--ルネサンスの幕開け◎神秘のヘルメス思想
中世の夜明け◎「ゆがみ」と「ねじれ」の宇宙--バロック文化
二つの宇宙をもつ社会◎人間は“マクロとミクロ”を考える葦
サロン文化と〈負〉の方法◎禅宗から法華へ◎ルネサンスの利休
バロックの織部◎毎日が“ハレ”--悪場所の誕生
世界が町の中でも見えてくる◎文化とは“タラコスパゲッティ”

おわりに……357

イラストレーション 松岡正剛
扉写真 中道淳

---

足し算の“文明”。引き算の“文化”。

「世界と日本の見方」卒業試験実施中!
設問に答えていただくともれなく、
単位修得証書(シリアルナンバー入り)をプレゼント。
さらに優秀賞としてセイゴオ先生のコメントと、
副賞をさしあげます(期間限定)。
2月上旬より弊社WEBにて試験開始!
くわしくはhttp://www.shunjusha.co.jpまで。

……なぜか日本人は仏教のことも、着物のことも、三味線のことも知らなくなってしまったのです。伊勢神宮や床の間や、連歌や国学や日本の数学者のこともあまりよくわかってはいません。それだけではなく、日米安保条約が何を足枷にどのくらい続くのか、中国がどんな現代史の中にいるのか、世界中のマグロがどういうふうにつながっているのか、そういうこともよくわからない。いったいこういうなかで、私たちは何を感じたり、考えたりすればいいのか……[本文より]

---
奥付

松岡正剛(まつおか せいごう)
1944年、京都生まれ。早稲田大学出身。東京大学客員教授、帝塚山学院大学教授をへて、編集工学研究所所長、ISIS編集学校校長。情報文化と情報技術をつなぐ研究開発に多数携わる。日本文化研究の第一人者でもある。おもな著書に『日本流』『日本数寄』『知の編集工学』『遊学』『花鳥風月の科学』『フラジャイル』『空海の夢』『山水思想』『松岡正剛千夜千冊』(全七巻+特別巻)『日本という方法』ほか多数。
「松岡正剛の千夜千冊・遊蕩篇」更新中(http://www.isis.ne.jp/isis/)。

17歳のための
世界と日本の見方
セイゴオ先生の人間文化講義

2006年12月25日 第一刷発行

著者……松岡正剛
発行者……神田 明
発行所……株式会社 春秋社
装丁……美柑和俊
印刷所……萩原印刷株式会社

ISBN 4-393-33265-2

---

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月16日 (月)

『奇想の図譜』(辻惟雄/ちくま学芸文庫)

『奇想の図譜』(辻惟雄/ちくま学芸文庫)

---
目次

I 自在なる趣向

 北斎のワニザメ  9
 波の変幻  39
 浮世の眺め--船木家本「洛中洛外図」  70
 「からくり」のからくり  103

II アマチュアリズムの創造力

 若冲という「不思議の国」--「動植綵絵」をめぐって  125
 稚拙の迫力--白隠の禅画  155
 写楽は見つかるか?--ある架空の問答  193

III 「かざり」の奇想  231

  あとがき  295
  文庫版あとがき  298
  解説 イメージの源泉(池内紀)  300

---
カバー折り返し

辻惟雄(つじ・のぶお)
1932年、名古屋生まれ。美術史研究家。東京大学大学院美術史博士課程中退。東京国立文化財研究所美術部技官、東北大学文学部教授、東京大学文学部教授、国立国際日本文化研究センター教授、千葉市美術館館長、多摩美術大学学長などを歴任。ユニークな視点で、従来あまり注目されてこなかった日本人の美意識、日本美術におけるエキセントリックな表現や「かざり」「アニミズム」などの遊びの精神の発掘を行なう。『奇想の系譜』(ちくま学芸文庫)、『日本美術の表情』(角川書店)、『「かざり」の日本文化』(角川書店)など著書多数。

カバーデザイン 神田昇和
カバー図案 「黒黄羅紗地御神火文様陣羽織」(部分、大坂城天守閣蔵)

---
カバー裏

日本の美を貫くモチーフはなにか。『奇想の系譜』でセンセーションを巻き起こした当代一の美術史家が、縄文土器以来の歴史を渉猟しつつ、日本美術の独創的なおもしろさを掬いとり、その源泉を探る。をこ絵、絵巻、屏風絵から若冲、白隠、写楽、北斎の作品まで、そこに伏流する日本人の好奇心、奔放で闊達な「あそび」の精神、現世を金色の浄土に変化させる「かざり」への情熱を縦横に論じる。奇想から花開く鮮烈で不思議な美の世界へ読者をいざなう、刺激的な日本美術案内。図版多数。 解説 池内紀

---
奥付

奇想の図譜きそうのずふ
二〇〇五年四月十日 第一刷発行

著者 辻惟雄(つじ・のぶお)
発行者 菊池明郎
発行所 株式会社筑摩書房
ISBN4-480-08909-8 C0171

---

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月16日 (水)

『奇想の系譜』(辻惟雄/ちくま学芸文庫)

『奇想の系譜』(辻惟雄/ちくま学芸文庫)

---
目次

憂世と浮世---岩佐又兵衛……7
桃山の巨木の痙攣---狩野山雪……63
幻想の博物誌---伊藤若冲……95
狂気の里の仙人たち---曽我蕭白……129
鳥獣悪戯---長沢蘆雪……179
幕末怪猫変化---歌川国芳……209


あとがき……241
新版あとがき……245
文庫版あとがき……248
参考文献……250
図版一覧……257
年表……260
解説(服部幸雄)……262

---
裏表紙

意表を突く構図、強烈な色、グロテスクなフォルム----近世絵画史において長く傍系とされてきた岩佐又兵衛、狩野山雪、伊藤若冲、曽我蕭白、長沢蘆雪、歌川国芳ら表現主義的傾向の画家たち。本書は、奇矯(エキセントリック)で幻想的(ファクタスティック)なイメージの表出を特徴とする彼らを「奇想」といとう言葉で定義して、<異端>ではなく<主流>の中での前衛と再評価する。刊行時、絵画史を書き換える画期的著作としてセンセーションを巻き起こし、若冲らの大規模な再評価の火付け役ともなった名著、待望の文庫化。大胆で斬新、度肝を抜かれる奇想画家の世界へようこそ! 図版多数。 解説 服部幸雄

---
カバー折り返し

辻惟雄(つじ・のぶお)
1932年、名古屋市生まれ。美術史研究家。東京大学大学院美術史博士課程中退。東京国立文化財研究所美術部技官、東北大学文学部教授、東京大学文学部教授、国立国際日本文化研究センター教授、千葉市美術館館長、多摩美術大学学長などを歴任。ユニークな視点で、従来あまり注目されてこなかった日本人の美意識、日本美術におけるエキセントリックな表現や「かざり」「アニミズム」などの遊びの精神の発掘を行なう。『日本美術の表情』(角川書店)、『奇想の図譜』(平凡社)、『「かざり」の日本文化』(角川書店)など著書多数。

カバーデザイン 神田昇和
装画 曽我蕭白「雲竜図襖」(部分)

---
奥付

奇想の系譜
二〇〇四年九月十日第一刷発行
二〇〇五年七月二十五日第三刷発行
著者 辻惟雄(つじ・のぶお)
発行者 菊池明郎
発行所  株式会社筑摩書房
装幀者 安野光雅
ISBN4-480-08877-6 C0171

---

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月31日 (月)

『現代語訳風姿花伝』(世阿弥著・水野聡訳/PHP)

『現代語訳風姿花伝』(世阿弥著・水野聡訳/PHP)

---
風姿花伝 目次

第一 年来稽古條々(ねんらいけいこのじょうじょう)  10

 七歳
 十二、三より
 十七、八より
 二十四、五
 三十四、五
 四十四、五
 五十有余

第二 物学條々(ものまねのじょうじょう)  21

 女
 老人
 直面
 物狂
 法師
 修羅
 神
 鬼
 唐事

第三 問答條々  36

 舞台の吉凶を占う
 序破急
 立合い勝負の手立て
 若手が名人に勝つ
 不得手な芸を学ぶ
 位
 文字に当たる風情
 しおれた境地
 能の花

第四 神儀に云わく  57

 神代起源説
 仏在所起源説
 秦河勝、始皇帝の再誕説
 平安時代の式能制定
 現在の神事への申楽奉納

第五 奥儀に讚歎して云わく  65

第六 花修に云わく  74

 作能論
 音曲・働き一心
 強い・幽玄、弱い・荒いの違い
 位が釣り合う
 技を磨くこと、能を知ること

第七 別紙口伝  87

 花、珍しい、面白い
 老い木に花の咲くごとく
 初心忘るべからず
 あらゆることに住せず
 秘すれば花なり
 男時・女時、因果の花を知る
 良い悪いとは、何をもって定めるのか
 守るべきを知る人のみがその家の人

作品案内
訳者あとがき
参考資料

装幀 芹澤秦偉

---

秘すれば花なり--「日本の美」を深く探求した至高の芸術論。読みやすい新訳。

「花」とは「幽玄」とは
あらゆる表現ジャンルの根本、生きることの美を語る。

---
奥付

〈訳者略歴〉
水野聡(みずの さとし)
1959年、神戸市生まれ。関西学院大学文学部日本文学科中退。(株)リクルート、エイボン・プロダクツ(株)、日本ゲートウェイ(株)他にて、宣伝部ライター、広告制作プロデューサーとして勤務。
2004年独立、能文社を設立。コピーライター、古典翻訳家。謡曲・仕舞、居合道に親しむ。
古典訳書に『強く生きる極意 五輪書』(PHPエディターズ・グループ)がある。

現代語訳
風姿花伝

2005年2月4日 第一版第一刷発行

著者 世阿弥
訳者 水野聡
発行者 江口克彦
発行所 PHPエディターズ・グループ
発行元 PHP研究所
ISBN4-569-64117-2

---

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月 1日 (火)

『水墨画入門』(監修・山下裕二/淡交ムック)

『水墨画入門』(監修・山下裕二/淡交ムック)

---
目次

水墨画入門
見る・味わう・愉しむ

ほんとうの水墨画入門のために 山下裕二……2

水墨画のエッセンス
きらめく才能・長澤蘆雪に注目……6
「海浜奇勝図」「象と牛図」「虎図」「降雪狗児図」
「寒山拾得図」「大原女図」「花鳥虫獣図」「群猿図」

ちょっと知って、もっと愉しむ……26
●日本の屏風は、なぜ六つ折りワンペアなんですか?
●サインとハンコは、ほんものニセモノの決め手になるんですか?
●難しそうな漢文には、どんなことが書いてあるんですか?
●よく見るこの中国人はだれなんですか?

「伝雪舟」ってだれ?
「四季花鳥図屏風」を徹底検証……38

あの絵を見に行こう
●等伯の屏風を拡げて、見た。
 出光美術館
  長谷川等伯「松に鴉、柳に白鷺図屏風」
   赤瀬川原平vs山下裕二……52
●お茶室で、琳派の水墨を堪能する。
 細見美術館
  酒井抱一「白蓮図」
  俵屋宗達「墨梅図」「双犬図」
   細見良行vs山下裕二……60
●雪舟「天橋立図」の謎にせまる。
 京都国立博物館
  雪舟「天橋立図」
   山本英男vs山下裕二……70

水墨画家・斉藤南北さんに教わる
どんな風に描くんですか……80

コレクションの極意、教えます
白隠さん入門は、今からでも遅くない。
温古堂・田中大三郎……90

学芸員が薦める「うちの宝」20
福島県立博物館 雪村「蔬果図」……104
栃木県立博物館 伝狩野元信「山水図屏風」……106
群馬県立近代美術館 伝蛇足「山水図」……108
千葉市美術館 曽我蕭白「虎渓三笑図」……110
板橋区立美術館 狩野尚信「大原御幸・富士見西行図屏風」……112
出光美術館 長谷川等伯「竹虎図屏風」……114
五島美術館 一休宗純「梅画賛」……116
静嘉堂文庫美術館 牧谿「羅漢図」……118
三井文庫 円山応挙「雪松図屏風」……120
神奈川県立歴史博物館 曽我二直庵
 「商山四晧・竹林七賢図屏風」……122
静岡県立美術館 狩野探幽「富士山図」……124
和泉市久保惣記念美術館 宮本武蔵「枯木鳴鵙図」……126
大阪市立美術館 燕文貴「江山楼観図」……128
正木美術館 伝如拙「墨梅図」……130
大和文華館 雪村「呂洞賓図」……132
岡山県立美術館 浦上玉堂「山澗読易図」……134
毛利博物館 雪舟「山水長巻」……136
山口県立美術館 雪舟「山水図巻」……138
福岡市美術館 仙崖「子孫繁昌図」……140
大分市美術館 多能村竹田「暗香疎影図」……142

索引がわりの画家プロフィール……100

2〜5頁背景図版
長澤蘆雪「群猿図」襖絵
兵庫大乗寺
(c) Photo Daijoji/digital file by DNPAC

---
カバー折り返し

カバー表--長澤蘆雪「群猿図」襖絵 兵庫・大乗寺
カバー裏--長谷川等伯「松林図」屏風 東京国立博物館
表紙--林十江「鰻図」 東京国立博物館
見返し--長澤蘆雪「群猿図」屏風 和歌山・草堂寺

---
奥付


監修 山下裕二

1958年、広島県呉市生まれ。東京大学大学院博士課程修了。日本美術史専攻。現在、明治学院大学文学部芸術学科教授。1996年、赤瀬川原平氏、南伸坊氏と日本美術応援団を結成、団長として日本美術の解放に努めている。著書に『室町絵画の残像』(中央公論美術出版)、『岡本太郎宣言』(平凡社)、『日本美術の二〇世紀』(晶文社)など。赤瀬川原平氏との共著に『日本美術応援団』(日経BP社)、『京都、オトナの修学旅行』(淡交社)、『雪舟応援団』『日本美術応援団・オトナの社会科見学』(ともに中央公論新社)などがある。

写真撮影
 鈴木直人 (p52〜59・80〜99)
 竹前 朗(p60〜79)

シリーズマーク 山岸義明

アートディレクション&デザイン 青柳幸永(Sludge)

編集協力一覧(敬称略)
和泉市久保惣記念美術館
板橋区立美術館
逸翁美術館
出光美術館
永青文庫
エツコ&ジョー・プライス・コレクション
大分市美術館
大阪市立美術館
岡山県立美術館
学研イメージネットワーク
神奈川県立歴史博物館
京都国立博物館
群馬県立近代美術館
高山寺
香雪美術館
五島美術館
斉年寺
サントリー美術館
静岡県美術館
聚光院
静嘉堂文庫美術館
草堂寺
大乗寺
千葉市美術館
DNPアーカイブ・コム
デンバー美術館
東京国立博物館
東京文化財研究所
東福寺
栃木県立博物館
日本経済新聞社
福岡市美術館
福島県立博物館
細見美術館
前田育徳会
正木美術館
益田市立雪舟の郷記念館
万寿寺
三重県立美術館
三井文庫
無量寺
メトロポリタン美術館
毛利博物館
山口県立美術館
大和文華館
和歌山県立博物館

●概刊本のお知らせ●

【美術書】
●「琳派を愉しむ 細見コレクションの名品を通して」細見美術館監修
 A4判160頁 本体2500円+税
 本書でもご紹介した細見美術館の、琳派コレクションのなかから、選りすぐりの名品役30点をオールカラーで掲載。琳派の入門書として最適です。

【読み物】
●「京都、オトナの修学旅行」
 赤瀬川原平・山下裕二著
 四六判 224頁 本体1600円+税
 おなじみ日本美術応援団のふたりが、二条城、京都御所、平等院など、修学旅行の定番を訪ね、日本美術を熱く語りあいます。

●増補「対極 桃山の美」倉沢行洋著
 A5判 256頁 本体24227円+税
 金碧と水墨、御殿と草庵…対極が調和併存した桃山時代の美意識を、書画、工芸、建築の分野にわたって読み解きます。

【趣味の本】
●淡交ムックゆうシリーズ 週末の手習い5
 「人気作家に学ぶ 日本画の愉しさ」
 大野俊明監修・指導AB判 112頁(カラー64頁)
 本体1900円+税
 岩絵具や墨、金銀泥を使った日本画の描き方を、絵手紙・色紙・短冊から風景や静物の作品作りまでていねいに指導。日本画が描きたくなった方に最適です。

淡交ムック
水墨画入門
見る・味わう・愉しむ

平成16年3月30日初版発行

監修 山下裕二
発行者 納屋嘉人
発行所 株式会社淡交社
印刷製本 日本写真印刷株式会社
ISBN4-473-02090-8

---

| | コメント (0) | トラックバック (0)