2008年7月14日 (月)

『未来妖怪』(井上雅彦【監修】/光文社文庫)

『未来妖怪』(井上雅彦【監修】/光文社文庫)

---
もくじ

○編集序文 井上雅彦  7

化野燐 youkai名彙  15
上田早夕里 真朱の街  37
草上仁 缶の中の神  73
八杉将司 産森(うぶもり)  103
平谷美樹 黒いエマージェンシーボックス  137
牧野修 ウエダチリコはへんな顔  183
石神茉莉 雨の夜、迷い子がひとり  219
小林泰三 試作品三号  243
平山瑞穂 恋する蘭鋳 273
林巧 エイミーの敗北  301

未来妖怪燐寸匣(みらいようかいまっちばこ) 超短編作家19人集  325

 「夜の歌」……タカスギシンタロ    
 「都市式牛鬼」……赤井都        
 「無地な」……佐多椋
 「今、何時どすか」……森山東  
 「コノ奥ニアナタノ未来ガ見エマス」……たなかなつみ
 「化けポスト」……春名トモコ
 「のうげろり」……ハカウチマリ
 「壁舐めベロベロン・ビルダー」……ひかるこ
 「ホーム・ポジション」……峯岸可弥
 「カワウソ」……不狼児
 「アンドロイドは酸化して」……五十嵐彪太
 「こだま」……やまなかしほ
 「蜘蛛女」……圓眞美
 「恋するケータイ」……葉原あきよ
 「生贄七尾」……青島さかな
 「帰郷」……白縫いさや
 「オリエント」……はやみかつとし
 「コワイロ」……松本楽志
 「夜とマクガフィン」宮田真司

三津田信三 合わせ鏡の地獄  349
小中千昭 事実に基づいて Based On The True Events  385
菊地秀行 厄病神  405
タタツシンイチ 奴等(ゼム)  417
渡辺浩弐 ブログアイドル♡ちょこたん♡の秘密(^_^)  447
梶尾真治 溶岩洞を伝って  485
西秋生 時の獄(ときのひとや)  517
井上雅彦 青猩猩探訪(あおしょうじょうたんぼう)  545
朝松健 ぬっへっほふ  589
間瀬潤子 ミライゾーン  651

《特別付録 未来妖怪縁起》天野行雄氏(日本物怪観光)によるメイキング・ストーリー  683

---
カバー裏

それは文字通り、未来妖怪を思い描くという思考実験

ここに集まった作品は、進化し続ける妖怪。宇宙空間の現象に潜む妖怪。最先端科学で解き明かされたかに見えながら、新たな威容を顕現する妖怪。未来に伝承される古来の妖怪。超現代的な都市伝説……。妖怪から未来を幻視する物語も、未来から妖怪を権限させる物語も、この一冊の本に集まりました。謹んで本書を、妖怪を愛するすべての想像者と、妖怪たちに捧げます。(編集序文より)

XL
FREAK OUT COLLECTION

---
カバー折り返し

オブジェ制作 天野行雄氏(日本物怪観光)
撮影 坂本真展
カバー印刷 萩原印刷

---

ショッキング大作戦!
未来を幻視する〈妖怪実験室〉!
化野燐、タタツシンイチ、平山瑞穂、超短編団
光文社文庫最新刊

---
奥付

光文社文庫
文庫書き下ろし
未来妖怪 みらいようかい 異形コレクション
監修 井上雅彦
2008年7月20日 初版1刷発行

発行者 駒井稔
印刷 慶昌堂印刷
製本 ナショナル製本

発行所 光文社

 ISBN978-4-334-74452-6

---

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

『超短編の世界』(タカスギシンタロ監修/創英社)

『超短編の世界』(タカスギシンタロ監修/創英社)

---
目次

超短編とは?……3

巻頭特別企画:書き下ろし超短編小説

 著者:坪田 文-Fumi Tsubota[劇団・空間ゼリー]
    一、境界線……14
    二、空白……16
    三、最先端……18

超短編作家・セレクト14

 松本楽志「はかのうらへまわる」……22
     「むすびめ」……24
 森山東「今昔物語異聞」……26
    「シベリアの猫」……28
 ひかるこ「悪魔占い」……30
     「目玉蒐集人」……31
 たなかなつみ「傷」……32
       「出航」……34
 赤井都「生」……36
    「午後の林」……38
 タカスギシンタロ「最後の誕生日」……40
         「鼻の欄」……41
 峯 岸可弥「眼 鏡」……42
      「墓を掘り返す」……44

   ◎作家プロフィール……46

恐怖の超短編--タカスギシンタロ選

 超短編500文字の心臓とは……50

 I.カラダガコワイ

  五十嵐彪太「這い回る蝶々」……54
  佐多椋「密室劇場」……56
  圓眞美「安全な恋」……58
  ピッピ「オーラルセックス」……60
  よもぎ「アルデンテ」……61
  空虹桜「美術室にて」……62
  根多加良「引き算」……63
  大鴨居ひよこ「綾」……64
  不狼児「雨」……65

   ◎作品解説……66

 II.ココロガコワイ

  葉原あきよ「娘たち」……70
  水池亘「ボロボロ」……71
  きき「象を捨てる」……72
  やまなかしほ「誰も知らない言葉」……74
  佐藤千恵「誤作動」……76
  穂坂コウジ「月面炎上」……78
  春名トモコ「蝶」……80

   ◎作品解説……82

 III.セカイガコワイ

  ハカウチマリ「這い回る蝶々」……86
  宮田真司「踊りたいほどベルボトム」……88
  青島さかな「ナマコ式」……90
  SNOWGAME「食べるな」……92
  タキガワ「面」……93
  伝助「輝ける太陽の子」……94
  はやみかつとし「子を運ぶ」……96
  白縫いさや「愛玩動物」……98
  永子「夜警」……100
  砂場「仮面」……102

  ◎作品解説……104
  ◎掲載作品初出一覧……106

一般公募部門・招待作品

 歌鳥「ビスカ氏のたちの悪いいたずら」……110
 飯田和仁「僕はみゆきを探してる」……114
 宮田たえ「モノトーン」……118

一般公募部門・入賞作品

 亜紅「原始の感覚」……124
 今村文香「思い」……128
 以知子「ミネラルウォーターで無理やりな午前4時」……132
 ak2「花鳥諷詠」……136
 葛城輝「時の澱」……140
    「夜目、逃げ足」……142
    「天ぷら供養」……144
 西村充「隣人」……148
 藤井みなみ「マニキュア」……152
 らびっと「シトラスな時間」……156
 岩泉良平「駅までの道」……160
 武田若千「神様」……164

---

さまざまな「恐怖」のカタチ。
わずか数百文字で綴られた「ものがたり」。
日本ホラー小説大賞・短編賞受賞の森山東をはじめ、
演劇界注目の若手劇作家・坪田文など
多才な書き手が参加。
いま"58"の恐怖を解き放す……。
[監修]タカスギシンタロ

---
奥付

超短編の世界
2008年6月25日 初版第1版
編者:創英社・出版事業部
監修:タカスギシンタロ
装画:西岡千晶(西岡兄妹)
装幀:アンシークデザイン

発行者 高木信一
発行所 株式会社 創英社
印刷 株式会社 創英社
製本 司製本株式会社
ISBN978-4-434-11992-7 C0093


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 7日 (日)

『超短編アンソロジー』(本間祐編/ちくま文庫)

『超短編アンソロジー』(本間祐編/ちくま文庫)

---
目次

お話 マザーグースより 11

I 夢見
夢見るゴキブリ アウグスト・モンテローソ 14
或る晩のこと 宇野千代 15
二月 尾形亀之助 17
夢の門 ホメロス 18
魂結び 伊勢物語より 19
塔に昇る夢 高山寺明恵上人行状より 20
夢ノの鹿日本書紀より 22
イソポ、二人の侍、夢物語のこと 伊曾保物語より 23
飛ぶ男 本間祐 26
夢を買うた男 日本昔話より 28

II ノンセンスの微笑
春 安西冬衛 34
黒猫のしっぽを切った話 稲垣足穂 35
ボートを漕ぐ不思議なおばさん 辻柾夫 36
自転する男 岡崎弘明 38
アレクサンドロス大王 フランツ・カフカ 40
小説 A・ビアス 41
南泉、猫を斬る 無門関より 43
疱瘡を患った子を化け物と思った事 御伽物語より 45
雨乞ひに乙女を人身御供 明治の朝日新聞より 47
梅法師 一休 49
主君が宗旨を尋ねた事 浮世物語より 50
強情者だよビエッラの人は イタリア民話より 52
蛙の雨 ヘーベル 54
眼鏡 ユダヤ笑話より 56
目を覚まして眠っていた百姓のこと イェルク・ヴィクラム 58
病気見舞い 日本昔話より 60
どっこいしょ 日本昔話より 62
定期券 桂枝雀 65
ふた首穴のセーター 江坂遊 66
足 マザーグースより(北原白秋訳) 67
代名詞の迷宮 ルイス・キャロル 69
路上の偽騎士 イギリス物語歌より 72
ちよつとした奇蹟 竹中郁 75
牛乳 村上春樹 76
夏は夜 高階杞一 78

III 愛してる愛してない
離魂病 狂歌百物語より(小泉八雲英訳) 82
母恋餓鬼 寺山修司 83
妖精の子供 サミュエル・ラヴォー 84
蝶 ルナール 88
弟子 オスカー・ワイルド 89
王威 アルチュール・ランボー 91
梨の花の揺れた時 吉行理恵 92
小オキキリムイが自ら歌った謡「クツニサ クトンクトン」アイヌ民謡より 94
蚊 シベリア民話より 97
おめでとう 川上弘美 99
紀元節 夏目漱石 103
第十七夜 アンデルセン 105

IV この世界
万物創造 マヤの神話より 108
果ての国 列子 111
十二月三十日、日曜日 ラス・カサス神父 113
風ーー大地をめぐる、空気の運動。 プラトン 115
海 千田光 116
そのものの名を呼ばぬことに関する記述 谷川俊太郎 117
みかんの中の楽しさーー巴きょう人 牛僧孺 119
幸福 辻まこと 124
フジヤマ アルフレッド・ジャリ 126
左と右 安野光雅 128
地上楽園 芥川龍之介 131
どこへでも此の世の外へ ボードレール 134
造船所のイソップ 137
小さな寓話 カフカ 139
離陸 田木繁 140
声 W・B・イエイツ 142
すっぽんの鳴き声 寺田寅彦 144
生命に就て 稲垣足穂 146

V 生き物たち
けんか きたやまようこ 150
鷄鳴 内田百間 152
死なない蛸 萩原朔太郎 155
河童 柳田國男 157
大道芸術女砂文字の死 篠田鉱造 159
おまつり 本間祐 162
狼と小羊 ラ・フォンテーヌ 163
ピュタゴラス ディオゲネス・ラエルティオス 166
黄帝 列仙伝より 169
大気都比売神 古事記より 171
絵師 逸名 172
曹操 世話新語より 176
蛇にとつげる女を医師がなおした話 今昔物語より 177
蛇 ルナール 179
猟師 クルイロフ 180
黄色い詩人 谷川俊太郎 182
ある男と無花果 小川未明 184
【あずまおとこときょうおんな】別役実 186
ち、畜生のかなしさ。 太宰治 187
樹 入沢康夫 189
変身 寺山修司 190
人間は野獣よりもっと悪い スウェーデンボルグ 192
大正七年正月七日 永井荷風 194
九月十四日 曇 正岡子規 196
剥製の白鳥 芥川龍之介 197
頭がない 尾形亀之助 199
トゥルーデおばさん グリム童話より 200
二人の浮浪者の話 安部公房 203
天狗の落とし文 筒井康隆 204

解説 206 作者と作品 213

---
裏表紙
初の国産「超短編」アンソロジー。数文字から数百文字のミクロの物語、超短編とは、小説、エッセイ、寓話……ジャンルの境界を漂いながら「短さ」によって生命を与えられた作品群の呼び名だ。古典と現代をつなぐ時の線上に超短編をとらえ、ホメロス、キャロル、カフカ、宇野千代、稲垣足穂、村上春樹、安部公房、川上弘美、筒井康隆などの作品95編を集めた。超短編入門のための解説も収録。

---
カバー折り返し

本間祐(ほんまゆう)
作家。96年「くろ」でパスカル短篇文学新人賞優秀賞受賞。幻想的な短編小説を書きつつ、超短編の創作と普及に努める。著書に『超短編SENGEN』(澪標)。産経新聞(西日本版)に『本間祐の超短編劇場TANTANボップ!』『本間祐の超短編レッスン』連載。

---

わずか数行の小説たち
筒井康隆、村上春樹、川上弘美などの短くて面白い作品95編を収録

---
奥付

超短編アンソロジー
二〇〇二年九月十日 第一刷発行
編者 本間祐(ほんまゆう)
発行者 菊池明郎
発行所 株式会社筑摩書房

---
その他
ISBN : 4-480-03747-0
定価720円+税

---

| | コメント (0) | トラックバック (0)