« プライスコレクション3 | トップページ | やまとプロムナード古民具骨董市 »

2006年8月17日 (木)

奇想の系譜

  午前二時頃健さんから電話があり、スズキ夫妻らと健邸で一杯飲むことに。夏野菜の炒めものwith黒酢バターが激うま。山形の郷土食「だし」に乗っていた天かすがまた良い食感でうまかった。シメには熊本アベックラーメンまでいただき、ごちそうさまでした!
   『奇想の系譜』(辻惟雄/ちくま学芸文庫)を読んだ。大人気の伊藤若冲にしろ曽我蕭白にしろ、この本の存在がなかったら、今ほどの評価はまだ得られていなかったかも知れない。若冲が好きだけど若冲しか知らないというひとにぜひ読んでほしい名著です。
  10月にポーグスのライブに行くので『Rum Sodomy & the Lash』を買った。CD入手→アナログ入手→CD手放す。という過程を経ての再購入。なんて無駄な!

« プライスコレクション3 | トップページ | やまとプロムナード古民具骨董市 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126363/11486426

この記事へのトラックバック一覧です: 奇想の系譜 :

» 『奇想の系譜』(辻惟雄/ちくま学芸文庫) [もくじでカタルシス]
『奇想の系譜』(辻惟雄/ちくま学芸文庫) --- 目次 憂世と浮世---岩佐又兵衛……7 桃山の巨木の痙攣---狩野山雪……63 幻想の博物誌---伊藤若冲……95 狂気の里の仙人たち---曽我蕭白……129 鳥獣悪戯---長沢蘆雪……17... [続きを読む]

« プライスコレクション3 | トップページ | やまとプロムナード古民具骨董市 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ