« 河口湖へ出発 | トップページ | 久保田一竹美術館 »

2006年9月 8日 (金)

「ビトウィーン・アス、ダーシェンカ」展

  フジサン特急に乗って、お昼ごろ河口湖駅に到着。駅前ではもいちくん(モ1形)がお出迎え。駅前で食べたシイタケうどんがうまかった。
  ホテルに荷物を置いて、から、まずはアートガイア河口湖ミュージアムへ。「ビトウィーン・アス、ダーシェンカ」展を見た。いわずとしれたカレル・チャペックのダーシェンカがかわいいアニメになった記念の展示です。この展示会はチケットがおもしろくて、なんと犬のマナーバッグ(うんこぶくろ)が入場券なのだ。袋の中には折り畳み式のダストパン(うんこすくい)が入っているという懲りようで、というのも、この展示はワンちゃんといっしょに見てくださいという趣向のものなのだ。マナーバッグはにんげんが使っちゃだめですよねといったら受付のお兄さんは何も言わなかった。ダーシェンカの秘蔵写真もいろいろあって楽しかった。
  ハーブ館でセリ科のハーブについたアカスジカメムシを見たり富士博物館で西湖の底に沈んでいたという丸木舟を見たりしたのちホテルに到着。ちょっとは寝なきゃと思い、うとうとしているとたたき起こされた。個室風呂の予約時間なのだった。しかたなく展望風呂に行ったが、雲があって富士山は見えなかった。
  風呂から戻り、ちょっとは寝なきゃと思い、うとうとしているとたたき起こされた。夕食の時間なのだった。以下は匠の膳おしながき。
一、食前酒 花梨酒(料理長手づくり)
一、先付 白だつ黄身酢掛け
一、前菜 そで烏賊ブルーベリー添え 絹かつぎ田楽焼 熨斗海老 帆立貝新引き揚げ 焼鱚松葉 鱧皮難波焼
一、酢の物 鱒菊花 もって菊 黄菊 甘酢掛け
一、造り 伊勢海老姿盛 鱸 鰆
一、鱧団子 人参 椎茸 さや
一、秋の香り 南京 庄内麩 穴子 天つゆ
一、焼物 甲州煮貝
一、鉢 甲州牛和風仕立て 薬味 紅葉おろし ポン酢
一、煮物 萩進丈 海老そぼろあん 稲穂
一、洋皿 高原野菜シチュー ブロッコリー トマト ペコロス 人参 馬鈴薯
一、食事
一、留椀
一、香の物
一、デザート      富士レークホテル料理長 原宏一

  おいしかった。おなかいっぱいになったので寝ようとすると、これが眠れない。明け方やっとうとうとしはじめると、たたき起こされた。またしても個室風呂の予約時間なのだった。しかたなく展望風呂に行ったが、雲があってけっきょく富士山は見えなかった。

« 河口湖へ出発 | トップページ | 久保田一竹美術館 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126363/11864354

この記事へのトラックバック一覧です: 「ビトウィーン・アス、ダーシェンカ」展:

« 河口湖へ出発 | トップページ | 久保田一竹美術館 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ