« めしべ泥棒? | トップページ | 怪星ガイガー・八百八狸 »

2006年11月30日 (木)

『新古代学の視点--「かたち」から考える日本の「こころ」』

  『新古代学の視点--「かたち」から考える日本の「こころ」』(辰巳和弘/小学館)を読み終えた。“「前方後円墳」という従来の呼称はまったく適切ではない。「壷形墳」とでもすべきである。”という著者の主張が物語るように、従来は見過ごされがちだった古代人の「こころ」を、さまざまな「かたち」(考古資料)から読み解いていく、なかなかエキサイティングな本だった。勾玉、矢、袖振り、舟形木棺……。さまざまな「かたち」から、不老長生や一族の繁栄、壺の中のユートピアへのあこがれなど、古代人の心が伝わってきて、古墳時代がぐっと身近に感じられました。
  酔芙蓉の花がぽろっと地面に落ちていた。月を拾おうとしたのかな。

« めしべ泥棒? | トップページ | 怪星ガイガー・八百八狸 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『新古代学の視点--「かたち」から考える日本の「こころ」』:

« めしべ泥棒? | トップページ | 怪星ガイガー・八百八狸 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ