« 冬マメ | トップページ | シクラメン危機一髪 »

2006年12月17日 (日)

栗田ひづる朗読会(江古田)

  江古田のプログレッシブなカフェ「Flying Tea Pot」にて栗太ひづるさんの朗読会。読んでいただく作品は、マメBOOKS出品作の中から栗田さんに選んだいただいたものです。いきなり松本楽志作『花の誕生』でスタート。観客はいやおうなくふしぎな世界に引き込まれてしまいます。豆本展示の紹介などをしていただいたあとは、岡田若菜作『Mosquito』が読まれました。くり返される言葉というのが朗読ではかなり有効ではないかと思いました。
  五十嵐彪太作はリストの中からリクエストに応じるという大胆な試みです。『朝が来るまで』がすばらしかった。タカスギシンタロ作『朝の冷気はひげ面の男二人をくるくる回す』がリクエストに上がったときは、聞き手ながらどきどきしました。タイトルより本文の方が短いし。でもさすがは声で伝える方法を体得しているプロ、お客様に爆笑していただいて感激しました。『記憶』の緩急のつけ方も勉強になります。しわっ!
  休憩のあとは本日のメインとも言うべき赤井都作『キリの家出』の朗読。やさしいような悲しいような、なつかしい雰囲気が会場に充満し、しかしながらいちばん感動して泣いていたのは作者の赤井さんでした。終わってみればあっという間の朗読イベントでした。お客さんがガチャポンにはまる姿がうつくしい。
  イベントのあとは赤井さんと池袋西武の「ロバート・サブダ展」へ。ぼくはしかけ本『The 12Days of Christmas』を持っていたのでちょっとはなじみがありましたが、最近の作品では、オブジェクトの、本からのはみ出し具合がすさまじくて驚きました。機械で無造作に開け閉めする展示でも、複雑な構造が壊れることもなく、見事に折り畳まれていくさまは圧巻です。しかけ絵本は開ききった結果よりも、開け閉めする過程が楽しいなあ。

« 冬マメ | トップページ | シクラメン危機一髪 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126363/13107929

この記事へのトラックバック一覧です: 栗田ひづる朗読会(江古田):

» 朗読会。ツリー渋谷行。 [Input/Output]
 今日の豆本朗読会は19人(+迷い道探検家お2人+スタッフ:タカスギ、五十嵐、赤井、パンフカメラ谷口)の盛況でした。   どうもありがとうございました。 栗田さんの朗読はさすがでした。難なくシーンが... [続きを読む]

« 冬マメ | トップページ | シクラメン危機一髪 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ