« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月31日 (土)

ドーキンスが泣いている

  現役理系大学生のドメさんと某女史のトンデモぶりについて意見の一致をみる。ドメさんいわく「ドーキンスが泣いてますよ……」。まあ、あの逸脱は確信犯だとも思うけど。ドメさんがドーキンス好きだということが分かったので、読み終わったら『祖先の歴史』を貸してあげよう。

2007年3月30日 (金)

ぬれぎぬ

  病に倒れていたIさん、Wさんが復活し、なんとか人手不足の危機は乗り越えた感じ。あとは事故で小指を痛めたEさんの復活を待つだけだ。ちなみにキサさんに言わせるとキーボードを打つのに「あたしは小指なんか使ってないわ」とのことでした。まじすか。
  休憩室でホモの話をしているとほかの部署の人たちが明らかに聞き耳を立てているのが分かる。そしてすべての目が健さんに注がれていた。
  つくし野の桜が満開。見ごろは今週くらいだろうから日曜にでも花見に行こうかなあ。

2007年3月29日 (木)

お泊まり

  新曲発表から一夜明けて、やはり恒例の「誉めあい」をしないと気が済まなくなり、健さんちで一杯。ビールからスタートし、その次はアルコール度数を16度に調整した白波をちょびちょびといただきました。ざっとんに電話しながらついつい飲みすぎ、ついに健さん邸に初のお泊まりとなりました。
 健さん邸で見た夢:パチンコ屋に行くと同僚のKさんがいて、普通の台と直角の位置にある変な台で打っている。ぼくが「パチンコするの10年ぶりくらいなんですよ」というとドル箱を重ねたKさんは「終了お願いしまーす」と店員を呼ぶ。そういえばぼくはカエル好きだったことを思い出して、カエルの台で遊ぼうと思いつく。だがカエルの台はどれも錆びついたヒコーキ台で、それでも出る台を探そうとぼくは釘を読む。お客のおばちゃんが「そんな台でないわよ。ほらさびちゃってる」と指で回り車を触る(ガラスがない)。構わずぼくが打つと当然のように真ん中に球が入ってジャンジャン出る。おどろくおばちゃん。でもそれは銀色の玉ではなく、茶色い石ころや泥の混ざったもので、玉の取り出し口はたちまち詰まってしまう。ぼくはあわててドル箱に土砂を落とし入れる……。
  めざめると朝ご飯に芋煮やらにぎり寿司やらドーナツやらをご馳走になった上に、おみやげに焼き立てのパンまでいただきました。いつもいつもすみません。

2007年3月28日 (水)

新曲発表

  ひさびさのスクラムシロップライブで三軒茶屋へ。会場に着くと入り口付近にマサさんがいて「やりますよ」と一言。そうか、ついにやるのか新曲を。ここで「歌詞の元になった超短編当てコンテスト」の正解を発表します。こたえは「花の種」でした。正解の松本楽志さんには双子ちゃんをプレゼント。たなかなつみにはえくぼ、みねぎしにはすね毛が贈られます。
  新曲「花の種」の曲順は、案外早く3曲目だった。例によってマサさんが「しんたろさんが…」を連呼するので恥ずかしながら帽子を取って挨拶するとあちこちで「ひげだひげだ」とささやく声。ガガッとしたギターがはじまるともう訳が分からず、最前列で暴れる早川君の背中に飛びつくやそのままおんぶでリフトアップ。うおー。
  なんとも楽しいライブでした。ライブのあとはさらに酒を飲んでそのまま電車で帰るはずが、あろうことか途中で電車が終わってしまった。しかたなくタクシーに乗って帰るが、気づけば車内で知らない女のひとと話している。どうやら相乗りしたらしいが、ところであなたはだれですか?(高校の後輩だったとはなんたる奇遇!)この人が降りたあとはほっとして一瞬寝てしまい、慌ててタクシーを止めてもらうとそこはずいぶんと仕事場に近い。なんとなく職場に電話すると「やばいっすよ。来てください」と言われるがままふらふらと仕事場へ。でもなんのやくにもたたないのでなにもせずにぼうっとしていましたそのほうがかえってみんなのめいわくにならないからです。

2007年3月27日 (火)

病の流行

  月曜のMさんインフルエンザ発症に続いて、きょうはWさんがインフルエンザでお休み。さらにIさん、Kさんも風邪でお休みし、おまけにEさんはバイクで事故ってお休み……。呪われてる、呪われてるよ、この職場は! それにしても先週Wさん、Mさんといっしょに飲み食いした健さんとぼくがインフルエンザにかからないのはなぜだろう。ともあれみなさんお大事に。

2007年3月26日 (月)

ころころ犬

  府中市美術館で「動物絵画の100年」展をやっていることを発見。なにしろ[子犬と虎]というコーナーがあって、蘆雪や応挙の作品が展示されるということは、ぼくの大好きなころころ犬がいるに違いない。行かねば!

2007年3月25日 (日)

ディープ・グリーン

  地道に読み進んでいるドーキンスの『祖先の物語』では、ついにわれわれは人類と植物の(!)共通の祖先と出合った。植物の章で紹介されていた「deep green」というプログラムがすばらしい。ブラウザ上でドラッグすると、まるで実際の木々が枝をのばすように、系統樹の枝がつぎつぎと現れるさまが美しいのです。

Deep Green→Hyperbolic Trees→Research tree

2007年3月24日 (土)

桜さくらサクラ・2007 ―花ひらく春―

  九段下の山種美術館へ「桜さくらサクラ・2007 ―花ひらく春―」展を見に行った。奥村土牛「吉野」の遠景の青い山々がきれいだった。菱田春草「桜下美人図」の右下隅に入る不思議な生き物(猫のようなイタチのような)がとても気になります。川端龍子の桜の幹の何とも言えないたらし込みの存在感もすばらしかった。
  銀座のキリンシティー・プラスにてぜいたく三昧。ビールはキリンブラウマイスター、樽生スタウト、一番搾り「無濾過<生>」などをいただきつつ、ちょっぴり和風な春野菜の手作りピクルス、しゃっきり大根とタコの酢の物、イベリコ豚の生ハム、焼きそら豆、鴨の山葵ロースト、ピザ・マルゲリータ、パスタ・アラビアータなどを食べまくり。
  帰りの電車で急行を待つために電車を降りて駅のベンチに座ったと思ったら、やってきたのは各駅でした。おれは眠ったのか?

2007年3月23日 (金)

7777

  いろいろ調べると、やはりウコンの力は飲む前に飲むのが正解らしい。でも二日酔いにはならなかったのでまあいいか。二日酔いではなく単なる酔いを解消すべくお茶を購入すると、7がそろってもう一本! こんなところで運を無駄に使うとは。でもうれしい。

2007年3月22日 (木)

飲みながら飲んどこ

  健’sバーには一階の一般席のほかに、二階には隠れ家的なVIPルームがある。本日は美波里さんがこの栄光のVIPルームデビューをはたした。揚げ句に健さんに説教され、しかものちに高熱が出て寝込むはめになろうとは、このときの美波里さんには知るよしもないのでありました。ちなみにVIP(vasoactive intestinal polypeptide)とは血管活性腸管ポリペプチドのこと。
  いままでウコンの力は飲む前に飲んでいたが、そういえばキャッチコピーは「飲んだら飲んどこ」だということに気がついて、きょうは最後に飲んでみることにした。その後にけっきょく日本酒やら梅酒やらを飲んだので効果のほどは定かではありませんが。

2007年3月21日 (水)

退官記念パーティー

  ぼくがもっとも尊敬する人のひとりYama-chanの退官記念パーティーに出席した。今回は先生にすっぽかしを食らった前回のOB会と比べるとさすがに参加者も多く、先生の四十数年にわたる研究生活の歴史を感じるイベントでした。
  なつかしい先輩の顔に会えてうれしい反面、ずらっと並んだ後輩の顔を見るにつけ、年を取るのもしょうがないなあと感じました。先生はまだ一年は大学に部屋をお持ちのようなので、今年の大学祭にはまだ遊びに行けるかな。
  ざっとんからやけに音質の悪い電話で「わりい。寝過ごしちゃってさあ……」。一生寝ていてください。

2007年3月20日 (火)

さまたげるもの

  夜にはイベントが控えているので貴重な三時間の眠りを取ろうと思っていたら電話が鳴った。お店から、取り寄せ商品が届いたというお電話だった。しかたあるまい。
  また寝ようとしていたら電話が鳴った。GOさまから、Y先生へのプレゼントどうしようかという電話だった。しかたあるまい。
  また寝ようとしていたら電話が鳴った。ざっとんから、スクラムシロップライブに関しての要領を得ない電話だった。しかたあるべかりくっ!

2007年3月19日 (月)

第12回日本絵本賞

  第12回日本絵本賞の読者賞にノミネートされていた後藤田三朗さんの『のぞく』(福音館書店)だが、おしくも人気投票は10位で、大賞は逃してしまったようだ。残念。でも1602票も集まったんだからすばらしいことです。

2007年3月18日 (日)

青葉台山掛けマグロ初パスモ

  袋入りのシャンプーを買ってあったのだが、あるはずの空容器が見つからない。そこで「泡立ちの良い」というポンプタイプのシャンプー容器を買った。ところがこれが液体石鹸を薄めて入れるタイプで、10倍くらいに薄めてもしっかりとした泡立ちなのだ。なんて経済的! でもこれでは袋入りのシャンプーが永遠に無くならないよ。
  青葉台の伊東屋で文具を予約。別に予約するほどのこともない消耗品なのだが、受付のお姉さん(美人)がどんどん本店から取り寄せる方向に話を進めるのでお願いしてしまいました。届いたらまいまいに受け取りに行ってもらおう。青葉台からの帰りは初パスモ。じっさい使ったのはスイカなのだが。私鉄でスイカにチャージも出来るのね。
  家に帰って山掛けのマグロで日本酒を一杯やる幸せ。さらに犬まんが『ウィード』を読みながら京本政樹の音楽テープを聴く幸せ……。

2007年3月17日 (土)

暗い土曜日

  開きかけたモクレンの花がここ数日の寒の戻りでびっくりしている。土曜日なのにお仕事でぼくもびっくりしている。酒がなかなか抜けないのでペットボトルのお茶を3本飲みました。

2007年3月16日 (金)

ビアデイ

  缶入りギネスを健さんが用意してくれたギネスグラスで飲んだ。やはり泡の上がりが美しい。本日はビールデーなのでMKWさんにもらった地ビール「町家」「花街」「平安」を三つのグラスを使って飲み比べたり、一番搾りはあえて缶ではなくビンで楽しんだり。海草三種の食べ比べも強力ネバネバ・フコイダンで楽しかった。ヱビスビールは苦味がいいなあ、あれ、なんか買ってないビールもたくたん出てきたよ。

2007年3月15日 (木)

初雪

  気象庁もあられだと言ってるし、だれも信じないかも知れないけど、午前4時半、東京に雪が舞った。しかも雪を降らせた張本人はこのぼくだ。

2007年3月14日 (水)

渋沢丘陵

  きょうは仕事が休みなので、ハイキングに行った。いつものように秦野駅を出発して渋沢丘陵に向けて歩く。南公民館では「まいまいの泉」でおいしいお水をいただいた。通り掛かりのおばあちゃんの話では、コーヒー屋さんが汲んでいくほどなのだとか。確かにとても柔らかいお水でした。
  丘陵に出るといつもながら雄大な丹沢の景観が広がる。残念ながらことしは菜の花畑があまり良い位置になくて黄色いじゅうたんを背景にした丹沢の写真は撮れなかったが、十分こころが開放されました。まだつぼみの桜の木の下で食べるおにぎりは葉唐辛子と鱒寿司の二種。デザートは定番の鈴カステラです。目の前をセントバーナードが二匹通りすぎていく……。
  山を下りると、ふと目に入った新しい看板は「手打そば十割くりはら商い中」。これを捨てておけようか。まずはおつまみ三種を注文してしまったのでしかたなくヱビスビールを注文。ん、三種盛りなのにお通しの菜の花のおひたしやら炒り大豆やら漬物もあるぞ。これでは六種盛りではないか。しかたがないので焼酎の中々をロックでいただく。蕎麦味噌がちょこっと付いてくるのがうれしいね。
  そばはちょっと奮発して手臼挽きの蕎麦粉を使ったものをいただいた。おそらくは挽き方の違う数種類の蕎麦粉が混じっていて香りと甘さが感じられてとてもおいしい。細すぎないのもこの蕎麦の場合は存在感があってちょうどいいかも。そば湯は蕎麦粉を溶いているらしくとても濃厚で、全部飲まないともったいないもったいない。ああまだ30分歩かねばならないのにいいこんころもちです。
  とりあえず渋沢丘陵に登ったらこの「くりはら」さんはぜったい外せません。営業は変則的で、火・水・木が昼の11:30〜3:00のみ。金・土はそれに夕方の5:30〜7:30までが加わります。日曜は昼夕通しで11:30〜6:00までの営業。定休日は月と第三火曜日です。終了時間が早いのは、夜になるとこのあたりは本当に真っ暗になってしまうからなのだとか。夏になったらまた営業時間が変わるかも知れないね。

2007年3月13日 (火)

ビールと恩寵

  みんなで結婚のお祝いを贈ったMKWさんから、お礼が届いた。はやっ。地ビールと和紙の文庫本カバーをありがとうございます。地ビールは三種類あるのでそのうち健さんと飲み比べてみようかな。
  四つ葉のクローバーのブックカバーはシモーヌ・ヴェイユの『重力と恩寵』にかけました。うん、がぜん読む気が出てきた。『祖先の歴史』の次はこの本を読もう。

2007年3月12日 (月)

You Tube My Friend

  なんでみんなYou Tubeなんか見るんだろうばからしい。と思いつつためしにVan Morrisonで検索してみたら、908件も映像があるではありませんか。ばからしいと思いつつ、1時間も見続けてしまいました。こんなことしてたらばからしいからとりあえず「Tupelo Honey」を最後にしようと思ったら、えっ、ボブディランとデュエットで「Crazy Love」をやってる??? ばからしい! なんてばからしい!

2007年3月11日 (日)

散髪

  散髪に行った。きょうご主人が教えてくれたネタはファミレスで順番待ちの名前の欄に“神”と書いておくいたずら。店員が「神さま、神さまはいらっしゃいませんか!」と捜し回るさまが面白いのだとか。散髪が終わってお金を払おうとしたら100円足りませんでした。神さま!

2007年3月10日 (土)

おみかんを称える会

  朝の酒がちょいと酒が残っていたのだが、夜は夜でおみかんさんを称える会に行って、遅ればせながらマッチ箱6号のデザインのお礼をさせていただきました。すし屋でいろいろ召し上がってもらったのだが、なんだかまだ称え足りないので、おみかんさん行きつけのお店に行って、ボトルを一本入れさせていただきました。7号もよろしく!

2007年3月 9日 (金)

鱸夫妻現る

  ひさびさに鱸夫妻が登場。「また職場に復帰してくださいよ」「あたま思ったよりとんがってないね」などと口々に言われて大人気でした。居酒屋健さんで一杯という運びになったのだが、さらにキサ姉ぇというレアキャラも加わって、総勢6人の大宴会となりました。カルボナーラ風パスタ、普通風チャーハンなどたっぷり堪能しながらビールをちびちび。その後はケンビシをいただきました。いろいろとコアなお話をキサ姉ぇから聞けて、充実した会でした。

2007年3月 8日 (木)

ふぁいひゃ

  ふぁいひゃはんにいっはあ、まふいふぁふぃふぃふいへ、うあくひゃふぇえあへん。
  けっきょく晩ご飯抜きでした。10分の休憩時間に高速で食べる緑のたぬきのうまいことうまいこと。

2007年3月 7日 (水)

備忘録

  きょうは歯医者の日だから酒を飲んではいけない。飲んではだめだぞしんたろう。酒は飲んでも飲まれるな。ん? 飲まれなきゃ飲んでもいいのか。
  あの人の耳毛のことで頭がいっぱい。

2007年3月 6日 (火)

デモ完全版

  いったい何度お祝いをすればわれわれは気が済むのか。気が済むまでさ。というわけで、本日はデモの“完全版”完成のお祝いと発表会を兼ねてケンズ・バーで一杯。何度聴いても名曲は名曲です。ワナタベさんが差し入れてくれた祝い酒「出羽桜」が五臓六腑と一都六県にしみ込みます。

2007年3月 5日 (月)

『谷根千』其の八十六

  地域雑誌『谷根千』86号が500羅漢さんから送られてきた。48ページに点字物語のイベントを紹介した記事“「夕やけだんだん」点字物語の余韻”が掲載されていますので、お手持ちの方はどうぞごらんください。五十嵐彪太作『だれにも見えない』が唯一の全文掲載作品。これも短さの力なのか。

2007年3月 4日 (日)

完パケ

  「デモかんぱけです!」というメールが健さんから来た。「すんげえかっこ良さそうな予感…」とメールしたら「僕と同じくらいカックイイーです!」という返事がきた。それはさぞやカックイイーに違いない。火曜日が楽しみです。

2007年3月 3日 (土)

双子観察会

  横浜にて双子ちゃんファンの集い。縦並びの双子用ベビーカーは前後に場所をとるので、なかなか置き場所が大変で、ファミレスをいくつかさ迷いました。
  ぼくが昼からワインを飲んでいると、ツインパ(双子父)はワインの匂いのなかに一瞬おしっこの臭いを感じたらしい。そう言われれば、この赤ワインはちょっと犬のおしっこっぽい臭いかも……。と思うそばからツインマ(双子母)は赤ちゃんを持ち上げて、くんくんといつまでもおしめの臭いを嗅いでいます。ちょっと果物の熟れ具合を確かめているみたいでした。
  双子ちゃんたちと別れて(最後まで男の子は寝っぱなし)中華街へ。中華街では春節を祝う獅子舞が何匹も回っていて、あちこちで派手に爆竹が鳴っています。ぼくが入った店にもお獅子が入って来て、入り口にぶら下がったご祝儀袋をにょーんとからだを長くして、ぱくっと食べていました。ご祝儀が高いところにあると、たぶん前脚のひとが後脚のひとの肩に立つことになるので、ものすごく背が高くなって面白い。

2007年3月 2日 (金)

真夜中の血糖

  いつものことだが仕事中まだ酔ってましたごめんなさい。500mlのお茶を3本飲んでデトックス。丼上さんにもらった黒糖の飴をなめたら脳にエネルギーが流れ込むような感じでかなり気持ちよくなった。そんなに血糖値が下がっていたのか?

2007年3月 1日 (木)

ラフミックス完成

  先週歌詞の依頼をされたと思ったら、もう歌詞つきのデモテープが出来ているというこの不思議。あまりの曲のかっこよさに泣きそうになってしまいました。「コトリ」「newspaper」につづく、健さんとの共作もすでに第3弾なのだなあ。きょうは飲まずばなるまいて。(3ヶ所歌い間違えてるとこ直しといてね!)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ