« ビールと恩寵 | トップページ | 初雪 »

2007年3月14日 (水)

渋沢丘陵

  きょうは仕事が休みなので、ハイキングに行った。いつものように秦野駅を出発して渋沢丘陵に向けて歩く。南公民館では「まいまいの泉」でおいしいお水をいただいた。通り掛かりのおばあちゃんの話では、コーヒー屋さんが汲んでいくほどなのだとか。確かにとても柔らかいお水でした。
  丘陵に出るといつもながら雄大な丹沢の景観が広がる。残念ながらことしは菜の花畑があまり良い位置になくて黄色いじゅうたんを背景にした丹沢の写真は撮れなかったが、十分こころが開放されました。まだつぼみの桜の木の下で食べるおにぎりは葉唐辛子と鱒寿司の二種。デザートは定番の鈴カステラです。目の前をセントバーナードが二匹通りすぎていく……。
  山を下りると、ふと目に入った新しい看板は「手打そば十割くりはら商い中」。これを捨てておけようか。まずはおつまみ三種を注文してしまったのでしかたなくヱビスビールを注文。ん、三種盛りなのにお通しの菜の花のおひたしやら炒り大豆やら漬物もあるぞ。これでは六種盛りではないか。しかたがないので焼酎の中々をロックでいただく。蕎麦味噌がちょこっと付いてくるのがうれしいね。
  そばはちょっと奮発して手臼挽きの蕎麦粉を使ったものをいただいた。おそらくは挽き方の違う数種類の蕎麦粉が混じっていて香りと甘さが感じられてとてもおいしい。細すぎないのもこの蕎麦の場合は存在感があってちょうどいいかも。そば湯は蕎麦粉を溶いているらしくとても濃厚で、全部飲まないともったいないもったいない。ああまだ30分歩かねばならないのにいいこんころもちです。
  とりあえず渋沢丘陵に登ったらこの「くりはら」さんはぜったい外せません。営業は変則的で、火・水・木が昼の11:30〜3:00のみ。金・土はそれに夕方の5:30〜7:30までが加わります。日曜は昼夕通しで11:30〜6:00までの営業。定休日は月と第三火曜日です。終了時間が早いのは、夜になるとこのあたりは本当に真っ暗になってしまうからなのだとか。夏になったらまた営業時間が変わるかも知れないね。

« ビールと恩寵 | トップページ | 初雪 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126363/14267217

この記事へのトラックバック一覧です: 渋沢丘陵:

« ビールと恩寵 | トップページ | 初雪 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ