«  (号泣) | トップページ | 展示マイマインド »

2007年6月 9日 (土)

第3回ワザオギ落語会

  散髪に行った。きょうは落語に行くんですよというと、ご主人は、いまは小朝が気に入っているとのことでした。あと、笑点の楽太郎が意外にテレビに出てないとも。しかし落語はテレビに出てるひとだけではないのだ。
  ひょーたんを連れて第3回ワザオギ落語会へ。なんとお客さんまで大入り袋をいただくほど大盛況の会でした。舞句亭逸粧さんをはじめ、木耳火炙さんご夫妻ら、雑俳なかまの顔もちらほら。
  さて落語ですが、喜多八師匠の「あくび指南」がなんともいえない気だるさのなかに独特のノリがあって笑ってしまいました。トリの鶴光師匠は西行の鼓ヶ滝のはなし。爆笑ネタではないけれど、“芸”を見せる落語といった風情で上方落語もいいなあと思いました。今回の落語会はDVDになるみたいなので、そっちでも観たいと思います。落語はやっぱり「死んだひと」より「今のひと」だね。

«  (号泣) | トップページ | 展示マイマインド »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126363/15391238

この記事へのトラックバック一覧です: 第3回ワザオギ落語会:

«  (号泣) | トップページ | 展示マイマインド »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ