« カリガリ博士 | トップページ | ハバネロ前線 »

2007年11月28日 (水)

「裏返し」(葉原あきよ)

  あきよさんとは、2004年11月14日に開催された第3回文学フリマで出会いました。青島さかなさんが「超短編っぽいのがある」と教えてくれたので、ぼくはさっそくオレンジ宇宙工場のブースを訪れてみました。あきよさんはひとりでぽわんと座っていて、商品も今ほどたくさんはありませんでした。超短編の宣伝をしつつ「ノスタルジア」「メランコリア」「なみだのしずく」「花猫ロケット」を購入。それら冊子もすばらしいかったのですが、無料で配っているフライヤーのようなものがあって、そこに載っていた作品が超短編テイストで、ぼくはとっても気に入りました。

  じつは今回掲載した「裏返し」も、たしかその時に読んだものでした。ぼくは勝手に“裏返し”にするものを座布団だと勘違いして憶えていて、あきよさんに「あの座布団ひっくり返すやつ」とメールしたら「ひょっとしてこれですか?」と送られてきたのがこの作品。座布団ではなくて正解は“テーブルクロス”でした。ぜんぜんちがったけど、でもやっぱり良い作品に変わりありません。最初の印象を尊重して、やはりこれをマッチ箱に載せることにしました。

  7号は今まで載せていなかったひとをたくさん載せようというコンセプトだったのですが、その筆頭が葉原あきよさんでした。何を隠そうぼくはけっこうなあきよファンで、“しかくいひと”や“魂くん”だってもっているのです。“しかくいひと”はちょうどあきよさんが病気をされていたときだったので、治療費の足しにでもなればと購入しました(300円ですが)。なとどいいつつ一万二千円の「キャラメル豆本」を買ってしまいそうな勢いなのです。

« カリガリ博士 | トップページ | ハバネロ前線 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126363/17221677

この記事へのトラックバック一覧です: 「裏返し」(葉原あきよ):

« カリガリ博士 | トップページ | ハバネロ前線 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ