« 逆襲のミツバチ | トップページ | 圧縮リトルベイビー »

2007年11月18日 (日)

「夜のキリン」(春名トモコ)

  ぼくが一目置く超短編の書き手は何人もいるけれど、そのなかで「この人にはぜったい勝てそうにない」と思うのは春名トモコだけです。実際、500文字の心臓のトーナメントでもたいがいコテンパンな目にあってます。ほかのひと相手だったらたとえ負けてもいつだって“勝って”いるのですが、春名トモコ相手ではそうもいきません。ものがたりの分野で勝つとか負けるとかいうのも変なはなしですが、“負ける”が何を意味するかというと、ようするにぼくが春名トモコ作品を大好きだということです。
  今回は特集が「恋」であるから、春名作品は外せないと思っていました。そこでいくつか春名さんに掲載作の候補をあげていただきました。掲載作のほかにも「シュガー・マジック」「空から降りてくるもの」を紹介していただきましたが、これが困った。「シュガー・マジック」は男にはまず書けない、甘いけどちょっとすっぱいオンナノコの話だし、「空から降りてくるもの」はなんとも透明な「恋」の淡さを感じさせます。
  悩んだのですが、今回は「夜のキリン」を掲載させていただくことにしました。ほかのひとの作品を見渡して、動物的なものがほしいなあと思ったからです。松本楽志作の「煙突」と「キリン」の背高のっぽつながりも相性の面で良いように思えました。マッチ箱は一冊の本なので、全体のバランスも作品選びに影響するのです。
  ともかく、超短編の「方法」を知り尽くした春名トモコの作品はホントにおもしろく、おそろしく、そしてどこかかわいいのです。ああ、また負けた。

« 逆襲のミツバチ | トップページ | 圧縮リトルベイビー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126363/17117518

この記事へのトラックバック一覧です: 「夜のキリン」(春名トモコ):

« 逆襲のミツバチ | トップページ | 圧縮リトルベイビー »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ