« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

USA-AME-RICA

  きのうひょーたんからもらった九州みやげの「宇佐飴」を食べた。この飴は注意書きが面白くて「歯が抜ける恐れがあります。注意してお召し上がりください」などと書いてある。それに加えて、手のひらに乗せて叩いて割って食べるように示すイラストが添えてあるのだが、これを見ておやっと思った。叩き割るには、飴がやわらかすぎるようなのだ。
  じっさい、延ばしてちぎろうとすると、にょーんと伸びてなかなかちぎれない。しかしイラストのように手のひらに乗せて叩くと、ぐにゃぐにゃの飴なのに、ばしっと割れるのだ。ひょっとして、これがうわさの「ダイラタンシー現象」なのではなかろうか。カタクリと水を一対一に混ぜて衝撃を加えると、どろどろのカタクリが瞬間的に個体になるというあの現象……。この場合はちょっと違うかしら。ともあれ「宇佐飴で理科」のお時間でした。

2008年3月30日 (日)

シャルロットライブ

  吉祥寺にて、超短編のききさんが参加している「シャルロット」のライブ。ベースのはやかつさんは見えるが峯岸は見えないというすばらしい席でライブを楽しみました。シャルロットのライブは今回が初めて。女性コーラスが生みだす、澄んだやわらかい空気の漂う演奏でした。はやかつさんがピアニカを吹いていた曲がとくに良かったなあ。
  ライブ終了後、トイレから出てきた峯岸は指についた水をぼくの顔にぴっとはじきかけて、嫌なやつ振りを遺憾なく発揮。ここはおしっこじゃなくてまだ良かったと思うべきなのだろう。ちなみに、しずくはそばにいたやまなーさんの顔にもかかり、久しぶりの対面にもかかわらず彼女に「おわった」と思わせたのでした。
  ハモニカキッチンにて、ひょーたんさん、まんじゅさん、はやかつさん、やまなーさんらと軽く一杯。ビールとつまみとご飯とお茶とケーキが入り交じる不思議なテーブルで、きょうのライブのことやら超短編のことやらをお話しました。そこへとても汚らわしい感じの峯岸が胸のすね毛をひらひらさせながら登場。○○○○さんの批判をひと通り展開すると、その矛先は○○○○にまで。もうすがすがしいといっていいくらいの嫌な感じのひとですよ。でも演奏は良かったです。

2008年3月29日 (土)

花見

  葛西臨海公園にてお花見。カレーフォンデュをしながら赤ワインを飲んで、のんびりしました。きづけば「こむぎ工房GRAND」で買ったパンをまるごと一本ぺろり。くいすぎた。
  なのに飲茶屋で飲茶セット&ビール+お茶5杯。のみすぎた。
  とおもったら、いちゃりばえんでローストポークをつまみに泡盛饗天をちびちび。ローストポークはサービスデーで少々お安くなっていたのだが、正直なところ本日のはなんだか脂のうま味がないし、肉の味もぱさっと抜けている感じでいまいちでした。日によって当たり外れがあるのかなあ。でも焼きそばがうまかったから、まあ許す。
  帰りの電車ではおもしろいように意識が消えました。

2008年3月28日 (金)

三たて

  三人も休みのひとがいたので、きょうはけっこう残業しました。つかれた。でも土曜日はお花見第一段なので、ケロロ軍曹を見る間もなく、しゅっぱーつ。

2008年3月27日 (木)

灯台下暗し

  電気スタンドの電球が切れたので、交換しようと思って古いのを外した。だが見た感じ、フィラメントが切れているようには見えない。なんでーと思って、ふと足下を見ると、コンセントが抜けてました。知らずに1週間も暗い思いをしてたとは……。あまった新しい電球は、冷蔵庫にでも入れとくか。

2008年3月26日 (水)

でんぐり返し

  新しいメガネはなかなか評判が良いのだが、たいへん横長の形状のため、下目づかいのときに視線がレンズから外れてしまうという問題がある。だから階段を下りるときは、ちょっと首を下に向けなきゃならない。
  ご飯を食べるときなどは、そのままでは手元がよく見えないので、首を下に動かすと口も下に動いてしまい、それにつれてお茶わんも下がってしまうので、ますます下を向かねばならなくて、どこまでいっても追っかけっこなのであった。

2008年3月25日 (火)

円高差益還元セール

  円高なのである。1ドル120円のころと比べれば、1ドル100円の現在は、75ドルの商品の場合「9000円→7500円」という計算である。
  しかもセールなのである。定価から20%OFFということは、60ドルという計算だ。つまりは9000円だったものがなんと最終的に6000円で買えるチャンスなのであった。
  というわけで、またしてもジム・ウードリングの版画を買ってしまったのだった。送料が3000円ぐらいかかっちゃうんだけどね……。

2008年3月24日 (月)

プリンビン

  先日プリンを買ったケーキ屋さんに、使用済みのビンを持っていった。そしたら一個あたり50円もキャッシュバックしてくれた。店のご主人曰く、ビン屋さんがフタとビンをセットでしか売ってくれないので、フタとビンの両方がないと意味がないのだそうだ。フタも取っといて良かったー。戻ってきたお金で豆腐カステラを購入いたしました。

2008年3月23日 (日)

ローストポーク

  「いちゃりば えん」にてローストポークをいただいた。この犯罪的なまでの脂のうまみは何なんだ。泡盛が進んでしまうではないか。ソーメンのチャンプルーまでがつまみになりやがる。

2008年3月22日 (土)

theo sirocco

  外苑前のリュネット・ジュラに、加工をたのんであったメガネを受け取りに出かけた。今までのメガネは強く拭いたときにレンズが回ってしまったくらいに真ん丸だったので、今回は思いっきり直線的で四角いのにした(もちろん正方形ではないですが)。
  聞けばベルギーのメーカー、テオ(THEO)のフレームらしい。フレームに書いてある「theo sirocco」というのが商品名かなあ。レンズの下部をテグスで支える構造になっているので、かなり大胆に横長い形状にもかかわらず、意外とすっきり自然な印象です。
  メガネワンポイントアドバイス。お店のひとによれば、メガネを水で洗うのはかまわないが、その際、けっして石鹸を使ってはいけないそうだ。石鹸の多くはアルカリ性で、レンズのコーティングがやられてしまうのだとか。どうしても洗剤を使いたいのなら、台所の中性洗剤を使用してくださいとのことでした。メガネをしたままサウナに入るのも厳禁です。
  銀座のユニクロで春のよそほひを買いそろえた後は、キリンシティープラスでアイスバインを堪能。エビがまたすさまじくうまくて、むいた殻や頭をいったん下げて、カリカリの煎餅状態にしてからまたもってきてくれるという、おそるべきサービスが行なわれていたのでした。イカス! エビ天国。

2008年3月21日 (金)

トゥエンティーフォー

  ケンさん、みかりんらと仕事明けに吉野家で牛丼ディナー。割引券いちまいで一杯140円も割引してくれるのだ。祝・牛丼24時間化。

2008年3月20日 (木)

ふるふく雨

  書き物のお仕事が意外と早く終わったので、ずいぶんと時間が出来た。久しぶりにじっくり本を読もうかな。新しいメガネをとりに行こうかとも思ったが、ふるふく雨(おばあちゃんが良くいっていた言葉。島根弁?)なので週末までおあずけです。

約2年ぶりに「雑俳るいるい帳」を更新!

2008年3月19日 (水)

人生は食べ

  春は始まりの季節とはいうが、職場でも何人かが辞めてしまうので、ちょっとさびしい。ミス大食いの名をほしいままにしたWさんも本日限りの出勤です。送別会は「おいしいものを食べられるところならどこでもいい」との言葉に、ああやっぱり食べるのが好きなんだと、小さく感動いたしました。

2008年3月18日 (火)

郵便参加

  残念ながら用事があって、今回のたわむ連には参加できないのです。でも郵送での作品参加は可能なので、郵便局へ行って雑俳の作品を送った。しかしながら「速達ならこの郵便が21日午前中までに届くか」という質問に対して、窓口の女性が引っ込んで上司となにやらごちょごちょと話し込みはじめたではありませんか。あげく、もどってきて「速達ですと明日(20日)も集配があります」とはこれいかに。それだけのことを伝えるために客を待たせていたのか。坂部さんも結婚したことだし、郵便局にはしっかりしてもらいたいものである。

2008年3月17日 (月)

かわいいチョコ

  姉の家でVHSの映像をDVDへ焼いてもらうことになった。お礼にお菓子でもと思い、ベルギーチョコの店コルネドールヘ行って、フルーツのゼリーを購入した。そこで目についたのが、鳥のようなものがアヒルの浮輪をしているといった風情の、なんとも不思議なチョコの人形。ちょっとかわいいので買うことにした。名前はペグリンというらしい。店のご主人曰く「ド○ルドダックデス」。なるほど、アヒルだったのか。

2008年3月16日 (日)

いつまでも丸メガネだと思うなよ

  さて、現在ぼくがかけている丸メガネは、もう6年以上も使っているので、さすがにレンズがボロボロになってきました。しかもフレームもゆがんでる……。そこできょうはリュネット・ジュラ・グランへ出かけてレンズ交換、そしてついに新メガネの購入です。
  もともと今のメガネは山王病院近くにあった同店で買ったはずなのだが、いつの間にか外苑寄りに引っ越していた。リュネット・ジュラの店舗ではここが一番広いらしいので、いろいろとおしゃれなメガネを試してみた。
  自慢ではないが、メガネだけはどんなものをかけても似合ってしまうこのヒゲだ。丸メガネはレンズを入れ替えてまだ使うので、今回はイメージを変えようと、四角いメガネを選ぶことにした。でも丸から四角への劇的な変化にもかかわらず、正直なところあんまり印象は変わっていない気もします。やはり「ひげメガネ」というひとつのジャンルから抜け出るのはむずかしいのか。
  そんなわけでレンズが入るまではむかし使っていたセルのメガネをしています。ほとんどのひとにとってはこれですでにイメージチェンジですね。
  おとといも韓国料理だったのに、きょうもまた渋谷の韓国料理「吾照里」(オジョリ)で海鮮パジョンを堪能しました。本日の発見はミッパンチャン。これなしではもうやっていけそうにありません。

2008年3月15日 (土)

ヒゲアットワーク

  引き続きヒゲアットワーク。Jack Johnsonの「Sleep Through The Static」がヘビーローテーションです。朗読@skypeのために買ったヘッドセットを使ってるけど、さすがはゼンハイザー、あんまり高くもないやつなのに音のバランスがわざとらしくなくて良いなあ。

2008年3月14日 (金)

よくかきよくききよくたべる

  気合いを入れて本の構成をいろいろ考えた。さらにひとりから連絡があって、おかげで内容がかなり充実しました。今回載せられそうにないひとも「大物はあとからやってくる。むしろvol.2が楽しみになった」と前向きに考えたい思います(vol.2が出ればの話ですが)。
  書き物の仕事がはかどったので夜はスクラムシロップライブへ行けた。ミッチーかっこいい! きょうは夜のオシゴトをお休みにしたので、久しぶりに酒が飲めます。
  ライブのあとはみかりん、鱸夫妻らと韓国料理のオムニ食堂へ行った。人数がいるので7000円のコースを頼んでみた。正直なところ、4人でこれだけあればもう十分というボリューム。しかもタンシオは分厚いし、ハラミの存在感は肉が肉を演じているかのよう。カルビの脂のしたたりときたらまるでうま味の湧水地です。ほかにもいろいろ食べたかったけど、もうおなかいっぱい。帰りにはカクテキのおみやげまでいただきました。ありがとうございます。

2008年3月13日 (木)

駆け込み

  「超短編の世界vol.1」はあきらめかけていたひと数人からご連絡がいただけて、いちおう掲載予定数には達したのでした。まだ何人か連絡つかないひとがいるんだけどなあ……。

2008年3月12日 (水)

2点以上で1点あたり¥1,590

  ベン・ハーパーの「Lifeline」とジャック・ジョンソンの「Sleep Through The Static」を入手。「Lifeline」はレコーディングとミックスを1週間で仕上げたという、バンドの勢いをそのまま詰め込んだ、さながら空気の缶詰のようなアルバム。アナログテープ録音でいっさいコンピュータ処理をしていないというそのサウンドは、なかなかに分厚いです。まだ一回しか聴いていないのだけれど。
  そして「Sleep Through The Static」にいたっては聴くと気持ちよーくなって寝てしまうので、まだ一回も通して聴けてないのでした。

2008年3月11日 (火)

花粉の呼吸

  世の中花粉がすごいらしい。しかし今年は外出するときにマスクをつけるようにしているので、ほとんどくしゃみも出ずに快調です。マスクの掛け方にもコツがあって、目の下ぎりぎりまでマスクを持ち上げてかぶれば、めがねが曇ることもなく、もちろん対花粉防御力もアップするようです。
  薄っぺらい月が西の夜空に浮かんでいた。きゅうりの輪切りみたい。

2008年3月10日 (月)

落選流し

  残念ながら超短編マッチ箱は「春の文学フリマ2008」に落選してしまいました。そんなわけで、今回はぶらぶら会場を流して歩こうと思います。オレンジ宇宙工場も落選したみたいだし、誰か知り合いいるかなあ。
  なんだかタカスギメールがyohooの迷惑メールフォルダに直行している場合がけっこうあるみたいなので、yahooメールをお使いの方は、よろしければ3月7日あたりのメールのチェックをお願いいたします。

2008年3月 9日 (日)

若草ライブ

  ぽよぽよさんが小唄春日会の「若草ライブパート3」への出演とあって、あちゃこと高輪区民センターホールへ応援に駆けつけました。ぽよぽよさんは、すばらしい三味線の演奏を聴かせてくれましたが、数十メートル離れていても緊張でロボットっぽくかたまっているさまが見て取れて、なんだか初々しくて良かったです。

2008年3月 8日 (土)

超々短編広場オフ会

  たなかなつみの上京に合わせてなつかしい面々が集まった。がくしにはちょくちょく会っているが、宮田君(ぱんつ)はいつ以来だろうか。顔がケロロ軍曹そっくりになっていた点以外はお元気そうでなによりです。
  さらにめずらしいやまなかさんにお会いしたのは、千文字世界のオフ会以来? ともかくあいかわらずかわいくて安心しました。たなかは一杯目から日本酒をぐびぐびえくぼからすする、相変わらずの酒豪ぶり。明日の即売会は大丈夫なのか? みねぎは来れるかも知れないといっていたけど鎌ヶ谷大仏でも磨いていたのか、電話にすら出ませんでした。
  今回はご参加いただけなかったのですが、みなさんも心配しているであろうあの人にお誘いのメールをしてみたところ、ちゃんと返事が来てほっとしました。またお会いしたいですね。

2008年3月 7日 (金)

ギョーム連絡

  ぼくの知ってるメールアドレスが古いらしく、送ったメールが何通か戻ってきてしまいました。500文字の心臓の掲示板にも書いたけど、まつじさん、春都さん、庵之雲(旧ペンネーム)さん、この記事をお読みでしたらタカスギまでご連絡いただけませんでしょうか。また、お知り合いの方はヒゲが捜していたとお伝えいただければうれしいです。どうぞよろしくお願いいたします。

2008年3月 6日 (木)

とったりやったり

  いろいろとやり取りがあってあわただしい一日その二。仕事を早引きして帰ってから8時間ずっとメールを打ち続けてしまいました。けっこうメールが戻ってきてしまうひとが多いなあ。
  豚肉の紫キャベツ煮がおいしいです。

2008年3月 5日 (水)

やったりとったり

  いろいろとやり取りがあってあわただしい一日その一。

2008年3月 4日 (火)

しめきり迫る

  超短編の自由題コンテンツ「コトリの宮殿第-2回」(松本楽志選)のしめきりが3月8日(土)に迫っています。みなさまくれぐれもご投稿のお忘れなきように。募集要項は→こちら

2008年3月 3日 (月)

春のケン祭り

  久しぶりにケンズバーで一杯。春の味わい、大根葉のパスタが大人の苦味でうまい! マイタケご飯もいい香り。栗焼酎やらケンビシやら飲むうちにいつのまにか健さんは徳永英明なのであった。

2008年3月 2日 (日)

エビ&マヨ

  例の冷凍餃子事件の影響で、中華街のお客も減っているとのニュースもある。しかし中華街で輸入の冷凍餃子を出してる店なんて、一軒もないんじゃなかろうか。横浜中華街の店はどれも“日本の”料理店なのに、イメージとは恐ろしいものです。
  そんなわけで中華街の彩鳳へ行ってエビ三昧。きょうは前から気になっていた大エビのマヨネーズ和えをいただいた。もはやこれは中華だかなんだかわからないけれど、エビとマヨネーズの相性は言わずもがな。恍惚としてしまいました。フカヒレお焦げや豆腐の鍋貼焼き、エビのレタス包みも絶品です。まだまだ未知の料理がたくさんあるのでまた行かねば。

2008年3月 1日 (土)

逃避

  書き物の仕事をしなければならないのだが、こんなときに限って気持ちが現実から逃げて超短編を考えてしまう……。

最新超短編→『夏時間

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ