« 週刊現代 | トップページ | 本棚&すだれ »

2008年7月15日 (火)

「悪魔占い」「目玉蒐集人」(ひかるこ)

 ひかるこさんの作品は『超短編傑作選』にもいくつか収録されているので、ご存知の方も多いと思います。それでも「ひかるこってだれ?」と思われる方には「ひまわり」さんといった方が分かりがいいでしょうか。もともと冬は「ひいらぎ」夏は「ひまわり」と季節でペンネームを使い分けていたひかるこさんは、名前を変えることに、あまり抵抗がないようです。
 今回の『超短編の世界』のテーマは「恐怖」です。「恐怖」なのですが、正直なところ、ぞっとするほど「怖い」作品は、それほど多くない気もします。すみません。作品のセレクトをしたものがこんなことをいうのもなんですが、じっさい、意味のゆらぎやすい超短編の特性として、「恐怖」すら「恐怖」のままとどまれずに、どこか「うつくしいもの」になってしまう傾向があるようなのです。
 しかし、ひかるこさんの「悪魔占い」は怖い。「なにを考えてるのこのひとは」と言いたくなるほど怖い。悪魔的な力への確信と、理解しがい行為がもたらすオソロシサに、何度読んでも身の毛がよだちます。いまから八年くらい前に書かれた作品ですが、今なお鮮烈な印象を残す、ひまわり……いや、ひかるこさんの傑作です。
 もう一つの作品「目玉蒐集人」はちょっとコミカルな雰囲気もありますが、やはり「悪魔占い」とおなじく、熱にうなされた悪夢のような世界が描かれています。もしも目の前に「なにを考えてるのこのひとは」ボタンがあれば連打してしまうこと請け合いです。もっともっとボタンを連打したい方には『未来妖怪』(光文社文庫)収録のひかるこ作品「壁舐めベロベロン・ビルダー」をおすすめします。読めば腰を抜かします。ほんとどうなってるの、このひとの頭の中は。

« 週刊現代 | トップページ | 本棚&すだれ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126363/41849626

この記事へのトラックバック一覧です: 「悪魔占い」「目玉蒐集人」(ひかるこ):

« 週刊現代 | トップページ | 本棚&すだれ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ