« 丹沢主稜コース一日目 | トップページ | ぷれみあむどら »

2008年8月 3日 (日)

丹沢主稜コース二日目

  ここ、蛭ケ岳では2リットルの水が一本1200円。3人で2本買って分け合いました。
  蛭ケ岳まで着いてしまえばあとは下るだけなので、比較的楽なのだが(ひざには辛いけど)、ちょいと早めに6時には宿を出た。下り口にある西丹沢自然教室のバスが、お昼の12時を逃すと、つぎは14時までまたねばならないのであった。
  かなりきつい勾配をくだりながらまずは臼ケ岳をめざす。山荘でごいっしょした3人のパーティーはこの急勾配のコースをぼくらと逆に登ってきたというからすごいなあと思う。がらがらと足場の悪い道を上り下りながら檜洞丸に到着。そこからは滑る山道をひたすら下っていく。もう足の踏ん張りが利かないので、西丹沢自然教室方面の案内板を見つけたうれしさで尻餅を着いてしまいました。
  川で顔をあらって、あとはゆるい道をてくてくと歩き、とうとう舗装路に出た。みごと12時のバスに間に合いました。そこから1時間ちょっとバスに揺られて、新松田へ。無事に帰ってこられてよかった。
  町田のタイ料理屋で山口君としこたま飲み食い。もう眠いは酔っぱらったはですでにいい気持ちだったのだが、山口君がさらにラーメンが食べたいというので地元のラーメン屋へ。れもんさわーをのんだことはおぼえています。そのあとさらのみやにいったこともおぼえています。でもどうやっておうちにかえったのかはおぼえていません。

« 丹沢主稜コース一日目 | トップページ | ぷれみあむどら »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126363/42069269

この記事へのトラックバック一覧です: 丹沢主稜コース二日目:

« 丹沢主稜コース一日目 | トップページ | ぷれみあむどら »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ