« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月26日 (日)

ひきこもこもごもり

  火曜日しめ切りの仕事があるので、これを終らせないと部屋の片づけに手がつけられないのであった。部屋の片づけに手がつけられないと、新しい家具が入れられないのであった。そんなわけで一日中部屋から出られませんでした。しかし部屋から一歩も出られないとモーニングが買えないのであった。モーニングが買えないと諸星大二郎の「西遊妖猿伝・西域篇」が読めないのでありました。連載スタート時からずっとたのしみに読んでいるので、それではこまります!
  やまなかにもらったマドレーヌがおいしいからまあいいか。もぐもぐ。

2008年10月25日 (土)

えくぼに吸われる会

  たなかなつみが日曜日のオタクイベントに出店するために上京してきたので、池袋にてプチオフ会。参加者はたなかなつみ、やまなか、ひげ、はやかつ、ひょーたん、みねぎーの6人です。沖縄料理屋でクースーを飲みながら、めずらしく超短編の話なんかもしたかなあ。まあ、前日イベントの打ち合わせをしたばっかりだったせいだと思いますが。
  それにしても『超短編の世界』のおかげでやまなかの就職が決まったとは、それだけでも本を出した甲斐がありました。永久モテ期マンことみねぎし参加のブラスホッパーのライブは、たわむ連のひらきと重なるから行けないなあ。残念。

2008年10月24日 (金)

ブックマーク打ち合わせ

  西荻ブックマークの打ち合わせ。なんだか今回の集まりでぐぐっとイベントの内容がリアルに浮き上がってきた感じがします。ぼくはスクラムシロップのケンさんのベースをバックに演奏する予定ですのでどうぞおたのしみに。まあ、色物の役割ですが。
  うれしいことに佐藤弓生さんに超短編マッチ箱7号を買っていただきました。これで今夜は豪遊だ!

2008年10月23日 (木)

奇蹟

  きのう職場に新しいひとがふたり来た。そしてきょうもふたりとも来ている。奇蹟だ!

2008年10月22日 (水)

チューセーシボー

  きのうは深酒をしなかったので二日酔いにはならなかったけど、ちょいと胃が疲れた感じ。そういえば先日の健康診断ではチューセーシボーの値が少々高かった。普段はあんまり食ってないんだけどなあ。もう酒やめた!

2008年10月21日 (火)

24時間年中無休ふたたび

  夜勤明け、健さんらと24時間・年中無休でやっているすばらしい居酒屋へレッツゴー! 伝説の男ハヤカワ君も、わざわざ電車に乗って朝から酒を飲むために出てきてくれました。男だね。みんなで朝からトンカツ、モツ煮込み、牛筋煮込み、げそ揚げなど、パンチのあるメニューに酔いしれました。大瓶で飲むビールっておいしいなあ。

2008年10月20日 (月)

蔵書処分計画

  蔵書処分計画で一番のネックになっているのが映画のパンフレット。神保町の映画専門古書店に電話したら「2m積み上げて2千円にもならないよ」といわれ、ネットでパンフを販売しているサイトにリストを送ると「当店にて多数在庫を抱えております」と断わられてしまいました。かといって捨てるのは惜しいしなあと思いつつ、地元の古書店に電話してみると、なんと映画パンフも引き取ってくれるとのこと。
  さっそくトラックで取りに来てもらうと、パンフレットは高さ70cm弱で1万円になりました。つまり某映画専門古書店の見積もりの約15倍の価格で売れたことになる。やったー。とはいえ、一冊あたりにすると40円程度だけどね。ほかの本も全部あわせて一万円以上になったので、満足です。

2008年10月19日 (日)

04510

  きのうはいろいろ欲張って予定を詰め込んだので、きょうはせっせと書き物のオシゴト。詩にはぜんぜん詳しくないから勉強になるなあ。

2008年10月18日 (土)

栗ふたつ

  ミツバチ上京! ということで、上野でお出迎えして、西洋美術館で開催されているヴィルヘルム・ハンマースホイ展へお供した。ぼくが気に入ったのは誰もいない部屋のシリーズ。なにか秘密をたたえたような静かな世界を見つめていると、いつの間にか部屋の中をさまよっている自分を発見するのでありました。
  夕方には栗おこわの攻撃を受けて防戦一方。しかも栗きんとんの茶巾絞りはまるで栗の渋皮煮とうり二つの形にカモフラージュしてあるではありませんか。もちろんスモークチキンら、薫製たちの攻撃もあなどれません。さいごは自家製栗ジェラートであえなく撃沈。しかもお土産つきでございます。おやすみなさい。

2008年10月17日 (金)

超短編イベントのお知らせ

  さて宣伝。
  12月におこなわれる超短編のイベントのお知らせです。おひまなら来てよネ。

---

■第28回西荻ブックマーク
 イベント名 「超短編の世界」

場所 杉並区西荻 こけし屋別館2階
[地図]http://www.kokeshiya.com/

 定員 100人
 金額 1,500円 (当日受付にてお支払いです。)
 日時 2008年12月14日(日)17:00-19:00(2部構成休憩15分ほどはさむ)
    開場は16:30から

 第1部 歌人の佐藤弓生さんをお招きして、超短編にまつわるトークショー(45分)
     進行:松本楽志さん&タカスギシンタロ

 第2部 超短編作家ほかによる朗読会(60分)
     【朗読】迫水由季さん(cafe凛堂)

     超短編朗読作家(予定)
      やまなかしほさん
      マンジュ(圓眞美)さん
      五十嵐彪太さん
      松本楽志さん
      タカスギシンタロ(withベース:シライシケンさん)
      佐藤弓生さん
      赤井都さん

     公募「アトリエ超短編」受賞作の発表と朗読。

 主催:西荻ブックマーク
http://s1.shard.jp/nishiogi/nbm2.htm
(担当)添田さん小野塚さん

【予約方法】下記のメールフォーマットに必要事項を記入して、予約してください。
http://cinamon.candybox.to/k-toro/postmail/postmail.php

以上。
よろしくです。

2008年10月16日 (木)

平成雑俳大興行・奥の近道

  本を処分しようとしつつ、また本を買うのもどうかと思うが『平成雑俳大興行・奥の近道』(篝火舎心亭/扶桑社)を購入。マンガで地口を紹介するコーナーで、肝心の地口が印刷されていないところが二か所もあって、ちょっとおどろいたが、もちろん雑俳入門として優れた解説書であることに変わりはありません。とくに「雑俳独稽古」のコーナーはたいへん勉強になります。雑俳初心者にとくにおすすめいたします(前述のマンガがちょっとおっさんテイストで、レディーには耐えがたいとは思いますが……)。

2008年10月15日 (水)

栓のような本

  栓のような本がある。いま古本屋に売ろうと、本をばんばん抜いているところですが、手放すか手放さないかでおおいに悩みます。そこでえいやっと売ることに決めてしまうと「この本を売るんだからこの本もいらないよな」と、栓が抜けたかのように、売る本がするすると出てくるのでありました。栓みたいな本って、どうってことない「囲碁入門」みたいな本なんだけどね。

2008年10月14日 (火)

ラジオデイズCDコレクション限定版「柳家小ゑん」

  ラジオデイズCDコレクション限定版「柳家小ゑん」の1と2を入手。1には小ゑん師匠の代表作ともいえる「ぐつぐつ」と、カーネルサンダースネタ「レプリカント」を収録。2には鉄ちゃん必聴の「鉄の男」と傑作主婦もの「樽の中」を収録。くわしくはコチラをどうぞ。ページの下の方をよーく読むと、買い方が載ってます。

2008年10月13日 (月)

アトリエ超短編しめ切り日

  古本を200冊にするための鉱脈を見つけた。早川SF文庫があるじゃないか。ディックとストルガツキー兄弟とレムとコードウェイナー・スミス以外は全部売っちゃえ。
  ひさびさに超短編を10本くらいまとめて書いたらちょっと頭がくらくらした。頭で考えるのとじっさい書くのではやはりぜんぜん疲れ方がちがうなあ。
  アトリエ超短編は本日でしめ切り。たくさんのご投稿ありがとうございました。

2008年10月12日 (日)

ユリのつぼみ

  書き物のお仕事をがんばったので、夜はごほうびに渋谷の東風吹かばで豚しゃぶをいただいた。いろんな意味でツッコミどころが満載のお店なのだが、ある意味そのゆるさが店の味になっているような気もします。ともかくこの店は野菜がたっぷりでおいしい。豚肉で大量の野菜をいっきに包んでいただきます。なかなかしゃぶしゃぶでユリのつぼみなんて食べられませんよ。
  帰りの電車の中ではあまりの眠さに何度も立ったまま意識を失いました。

2008年10月11日 (土)

鬼塚仁志(Toshi Onizuka)ラテンジャズソロギターライブ

  2008年11月2日(日)国分寺のクラスタにて鬼塚仁志(Toshi Onizuka)ラテンジャズソロギターライブが開催されます。ピックを用いた独自のフラメンコ奏法を、ぜひご自身の目で確かめてみてください。CDも同店で委託販売されておりますのでこの機会にぜひ。

2008年10月10日 (金)

プラス1

  古本屋に本を売るにあたって、200冊以上なら本屋さんから取りに来てくれるのだった。でもまだ40冊くらい足りない。そこでいそいで『いやいやえん』を読んだ。これで一冊プラス。

2008年10月 9日 (木)

ナナフシノキ

  超短編マッチ箱でおなじみのイラストレーター、イワミヒロキがこっそりとブログをはじめていたことが判明した。イワミヒロキのイラストを紹介するブログ、ナナフシノキはコチラ

2008年10月 8日 (水)

みそしるコーヒー

  木曜しめ切りのカキモノのお仕事が急に来たので、夜のオシゴトを早めに切り上げて帰宅。なんとかしめ切りには間に合ったので、鬼ちゃんちに行ってコーヒーをごちそうになった。先日鬼ちゃんと飲んでひどい二日酔いになったのは、どうやらビールに焼酎を混ぜて飲んでいたせいたということが判明しました。
  きょうはコーヒーにスキムミルクを入れるとみそ汁みたいになることを学びました。

2008年10月 7日 (火)

ぐんぐんいちじく

  ここに来てイチジクの実がひとつ大きくなりはじめた。霜がおりるまでに食べられるようになるだろうか……。
  なんとなく町中がぽわーんとしているのはキンモクセイの香りが充満しているせいだときづいたときにはもうぼくもぽわーんとしていた。

2008年10月 6日 (月)

シクラメン復活

  夏のあいだ水を断ってカラからにしてあったシクラメンに水をあげたら、みるみる芽が出てきました。でもなんだか全体的にこじんまりしている様子。それもそのはず、今年こそ植え替えしようと思っていたのにまたしても植え替え出来なかったからなのでした。やけに花が小さかった去年より、いっそう小さい花が期待できそうです。

2008年10月 5日 (日)

芝鳳會

  日本橋三越で催された小唄の催し芝鳳會へ行ってきました。もちろん今回もGoさまの奥方ぽよぽよさんが出演しております。デビューとなった前回の舞台では、まるで三味線ロボットのようにぎこちなかったぽよぽよさんも、今回はさすがに血の通った三味線&小唄を聴かせてくれました。本人は「三味線の出だしを間違えた」といっていましたが、はた目にはただチューニングをし直したんだなあくらいにしか思えないほど、堂々としておりました。
  公演のあと晩飯を食べようと思ったのだが、お昼に食べた天ぷら蕎麦の油がちょいと悪かったのか、なかなか食欲が出てこない。そんなときに助けてくれたのが鳥肉です。鶏料理専門店「とりかく」のささみの梅しそ串焼きがやさしく胃壁に寄り添ってくれました。するとすぐさま食欲復活。つくね、鳥皮のポン酢おろし、せせりの串焼き。何だっていけちゃいます。生スダチハイもさっぱりと気分よく酔わせてくれました。そういえば、むかしメハメンが焼き鳥屋で「せせりを食べたい」と言おうとして「せがれが食べたい」と言ってたなあ。

2008年10月 4日 (土)

押し入れ拝見

  ついに押し入れの中身をすべて外に出した。なんだかいらないものほど捨てられないような気がする。とくに子どもの頃に読んだ本は捨てられないなあ。などと段ボールの奥にみつけた「いやいやえん」をなつかしげにパラパラ読み。あれ、ひょっとしてこれ、読んでない……かも。まじ?

2008年10月 3日 (金)

アトリエ超短編もうすぐしめきり

  アトリエ超短編への投稿は現時点で十数本。投稿していただいたみなさま、ありがとうございます。しめきりは2008年10月13日(月)ですので、まだの方はお忘れなく。くわしくはコチラまで。
  本家「コトリの宮殿」は、がくしのネット環境がいまだ整わず、まだ送っていただいてもけっこうです。内容的に、「動物園」というより「動物そのもの」について書かれた作品を送っていただいた方がいいかなあ……。

2008年10月 2日 (木)

映画のプログラム

  映画のプログラムが意外とたくさんあって場所を取っているので、そのさいどーんと処分しようと思う。200冊くらいあるかなあ。恐竜物語REXとか出てきたよ。

2008年10月 1日 (水)

レックス

  ただでさえ人手不足なのにさらにお休みの人がいて、今日のお仕事は修羅場でした。家に帰っても何もする気がしないので散らかった部屋がいっこうに片づかない……。恐竜レックスの卵入りぬいぐるみとか出てきたよ。誰かほしい人いる?

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ