« トクテイケンシン | トップページ | ぶっこわれてました »

2009年2月15日 (日)

萩へ

  朝7時29分発ののぞみに乗って、いざ出発。新婚旅行とお墓参りを兼ねた小旅行なのです。車内では崎陽軒の弁当を食べながら、朝からヱビスビールかんぱーい。
  あと少しで新山口着というところでのぞみが急に速度を落して停車。なにやら車両故障の疑いがあるとのこと。少々不安になったが、すぐに動き出してほっとしました。5分遅れで新山口着。バス停に急ぐ。なにしろ萩行きのバスは本数が少ないので、逃すと次は1時間後……。でも何とか乗れました。
  萩についたらまずは腹ごしらえ。夜にたらふく食べることを考えて、昼は胃に優しいどんどんの肉うどん。甘めの味で癒されます。ネギは好きなだけ入れられるし、唐辛子が二種類あるのもうれしいね。
  お墓参りの前にお寺さん近くの八百屋でいつものようにシキミを買おうとするが、あいにくお休み。しかたなく商店街をあるいて、地方物産売り場でシキミを発見。しかあし。買ってからそれが榊だったことに気づき、慌てて交換。
  お墓参りを済ませたあとは、応接間でご住職としばし歓談。話の流れで、なんと奥さまが笠山まで車で案内してくれることになりました。笠山ではツバキの単性林の樹形がくねくねおもしろい。ツバキ祭りは来週でしたが、すでにツバキの落花がうつくしく、絵のようでした。帰りには反射炉にも回っていただいた。ちなみに反射炉は、世界遺産登録へのリストに載った「九州・山口の近代化産業遺産群」の構成資産のひとつなのだとか。見学の後は旅館まで送っていただきました。ありがとうございます。萩の人はみんなやさしい。
  今回泊まったのは「雁嶋別荘」。以前泊まったことのある北門屋敷の別館です。客室はわずか16室。最上階の角部屋だったので、運河と松本川、さらにはその向こうの日本海も見渡せるというすばらしいロケーションです。檜の部屋風呂もついてます。ベランダにはタスカールもついてます。安心です。
  夕飯は「量より質コース」というのにしていたのだが……。質はもちろん、量もたっぷりありました。刺身なんか、もう切り口のエッジからして違います。新鮮です。ほんとに萩は魚がうまいところです。漁港では一年を通して150種類もの魚が上がるのだとか。もちろん「ふく刺し」もいただきました。
  酒と旅の疲れで温泉から戻ったらばたんきゅう。
  

« トクテイケンシン | トップページ | ぶっこわれてました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126363/44149120

この記事へのトラックバック一覧です: 萩へ:

« トクテイケンシン | トップページ | ぶっこわれてました »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ