« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月29日 (木)

RO69JACKでクラムシロップに清き一票を!

  さてお立ち会い。ロッキング・オンの音楽情報サイトRO69がやってるWebコンテストRO69JACKで、スクラムシロップが一次選考を通過いたしました。ぱちぱちぱち。
  このコンテストで優勝すると、なんと年末のロックフェスCOWNTDOWN JAPANへ出演できるときたもんだ! ぜひしんたろーの歩け歩け仲間、健さん率いるスクラムシロップに清き熱き一票を!

スクラムシロップへの投票ページはこちら(『asian』が聴けます)

2009年10月27日 (火)

パンジー24

  母が買ったパンジーをプランターに植えることになった。ずいぶんと奮発して24鉢もあったので、とりあえずプランター四つに土をブレンドしつつ植え付け。それでもまだ8鉢残ってしまいました。
  そのあと畑に出向いて、台風の被害を調査。前回の台風ほど被害はなくて、ピーマンがちょっと傾いたくらいですみました。ブロッコリーに花芽発見!

2009年10月25日 (日)

九つ井

  家族で大和の九つ井(ここのついど)へ行ってお蕎麦をいただいた。ぼくは鴨南蛮蕎麦。鴨肉に薄い片栗の衣がついているところがちょっとめずらしい。すったショウガの代わりに山椒粉がついてくるのも一工夫です。そとはパラパラと冷たい雨。温かい蕎麦がおいしい季節になりました。
  バスと電車を乗り継いで町田のユニクロでお買い物。あちゃこがたくさん服を買ってくれました。わーいわーい。
  『龍』(村上もとか)をついに最終巻まで読破。圧倒的な取材力と大きな構想力、そしてなにより「人を信じる」ことへの一貫した強いメッセージを感じる作品でした。冒険活劇の中にいやみなく反核の精神が刻まれているので、こういったエンターテイメント色の強い作品が世間に広まれば、平和のメッセージがへたな教育まんがより自然に共有できるのではないかと思います。
  そういえば犬まんが『ウィード』もついに60巻で堂々の完結。しかしまだ続きが……。

2009年10月24日 (土)

超短編オフ(新宿)

  たなかなつみが上京するというので、新宿に集まった。たなかのでっかい黒リュックを捜していたら、いきなりひょーたんにヒゲを捕まえられて驚いた。がくしとマンジュもおりました。目の前を通過するそらんじを人混みに泳がせつつ、やがてたなかんも到着。幹事役のやまなーは三越での買い物に夢中で待ちあわせの時間を忘れておったとさ。けっきょく遅刻を表明していたはやかつさんが一番先に店につく始末でありました。
  本日のお店は新宿三丁目にあるフレンチのお店クレッソニエール。いやあおいしかった。たなかがワインのボトルを景気よくぽんぽん抜くのでお値段はそこそこいってしまったが、料理の質から言えばけっして高くはないと思います。どの料理もソースがおいしすぎてパンが足りません。『超短編の世界2』を一冊お店においてきたので、そのネタを切り出せばお店の人との会話もスムーズに運ぶかもしれません。超短編関係者はぜひお試しください。ぼくもまた行きたいと思います。

  本日のひとこと:「このひといやらしいひとです」(マンジュを指して)byやまなか

2009年10月18日 (日)

仮面舞踏会

  恵比寿のエコー劇場へ、LED第8回公演『仮面舞踏会』を観に行った。この江戸川乱歩原作の演劇には、超短編の朗読でもお世話になっているCafe凛堂の迫水由季さんが出演しているのでありました。迫水さん演じる紅緒は富豪の御曹司手塚龍之介のメイドにして愛人、しかも……というかなり重要な役回り。いつものりりしいキャラがうまく紅緒のエロスを引き立てていて好演でした。
  舞台は最終日ということもあり、テンポ良く楽しめました。ぼくは登場人物の多い演劇ではよく誰々だか分からなくなってしまうこともあるのですが、今回は役者さんのキャラがやたらと濃いので、そんな心配もありませんでした。もちろん演出の明快さもあるのでしょうが……。個人的には青銅の魔神の一途さが好きでした。

2009年10月17日 (土)

第11回フリーランス見本市

  南青山の蔦サロンで開催中の「第11回フリーランス見本市」に行ってきた。SOARで知り合った画家の戸賀崎珠穂さんの絵を見に行くためだが、じつは現在制作準備中の「タカスギシンタロ超短編集」第二弾の挿絵のお願いを兼ねての訪問でもありました。ありがたいことに快く引き受けていただき、ドトールで細部の打ち合わせ(店のお兄さんがわざわざ席を見に行ったのに椅子がないよ!)。12月を目標に完成出来ればなあと思います。例によってぺらっとした20ページくらいの小冊子ですが、こうご期待。

2009年10月 7日 (水)

台風対策

  超大型の台風が来るということで、心配なのはもちろん畑の作物だ。トマトはもう採り尽くした感があるから、風の抵抗を小さくするために枝葉を間引く程度で済ませた。ナスは育ちかけでもったいないが、実がで風にあおられれば枝が折れかねないので、小さいものも全部もぐ。問題はこれから育ってもらおうというメキャベツとブロッコリーだ。虫除けのネットが飛ばされないように土をかけて補強。これだけは何とか助かって欲しいなあ。

2009年10月 4日 (日)

第二回ミニコミ みじんこ洞

  みじんこ洞のミニコミ会に参加しました。まんまみじんこ洞は高円寺にある小さなお店。みじんこさんは当たり前のようにお店で働いているけど、自分のお店を出すなんてすごいことです。マッチ箱ブースはとくに新しい冊子はなかったのですが、できたばかりの『超短編の世界2』を何人かの作者が受け取りに来てくれました。
  まず現れたのはtamaxさん。tamaxさんは帰省前の時間を利用して遊びに来てくれました。パラパラまんが作家のtamaxさんは『超短編の世界2』でもパラパラまんが風のクールな作品を描き下ろしていただいています。展示テーブルをちょいとかたづけてしばし歓談。やがてtamaxさんは夜行バスの旅へ。バスガスバクハツしませんように。
  次に現れたのはみねぎし。入場時にワンドリンク注文するシステムなのだが、けっきょく迷って注文を延期。『超短編の世界2』をパラパラめくりながらあれこれいちゃもん……ではなく建設的なご意見ありがとうございます。みねぎしが単体で爆発しますように。
  最後に現れたのが空虹桜さん。てんとう虫の呪文の話題でしばし歓談。超短編マッチ箱のいいわけをあれこれと。
  展示終了後はイベントに参加したみなさんとみじんこ洞のおいしい料理をいただきました。次から次へと現れる料理はどれもやさしい家庭のお味。ギョウザも中華丼もみんなおいしかった。文学フリマみたいなでっかいイベントもいいけど、今回みたいな会は手作り感があって楽しいなあ。新しい冊子ができたらまた参加したいと思います。

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ