« 勝沼醸造の見学 | トップページ | 渋沢丘陵をお散歩 »

2009年11月24日 (火)

ネキリムシメキリムシ

  家庭菜園の野菜にはいろんなイモムシがつく。アオムシなんかはちょっと目を離すといつの間にか発生して、すぐに葉っぱに穴を開けてしまう。しかしアオムシなんかはまだかわいいもので、ヨトウなどは食べる量が違う。一晩でブロッコリーの葉っぱが半分くらいなくなってしまうほどの食欲だ。しかも夜に活動して昼間は土の中で寝ているからタチが悪い……。
  しかしさらに極悪なイモムシがいるのだ。いわゆる根切り虫、むしくは芽切り虫という虫がそれだ。もちろんこれは通称で、実際はカブラヤガとかタマナヤガなどの幼虫なのだが、これがひどい。なんと作物の茎を、地上部と根の際あたりでちょん切ってしまうのだ。茎がちょん切れてしまうから、作物はそれでもう一巻の終わり。ジ・エンド。ゼイ・ウィル・ネバーリターンなのです。もちろん、茎をちょん切るだけではなく、普通のイモムシのように食害もする。この根切り虫は、いまいまで見つける度にやっつけてきたのだが、今回はやられた。カブを引っこ抜いたら半分くらい食べられてしまっていたのだ! しかもまだ食害のないカブの回りを掘ると今夜はこいつを食おうとばかりにころりころりと出てくる。ムシブッコロス!

« 勝沼醸造の見学 | トップページ | 渋沢丘陵をお散歩 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126363/46854664

この記事へのトラックバック一覧です: ネキリムシメキリムシ:

« 勝沼醸造の見学 | トップページ | 渋沢丘陵をお散歩 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ