« 青いトマト | トップページ | 伝統芸能の夕べ二日目 »

2009年12月19日 (土)

SORORI

  第六回善竹富太郎の狂言会「SORORI」に母と行った。富太郎さんは恰幅が良くて、キャラそのものがおかしいです。ずるいです。狂言解説を聞いているだけでも、なんだか笑ってしまいました。
  演目は「膏薬煉」と「木六駄」。どちらも何回か見たことのあるものですが、何回見ても膏薬練のバトルの意味がいまひとつぴんと来ない。まあ、それでも面白いから別段問題ないのですが……。今回、解説で膏薬練の「膏薬」を初心者に分かりやすくするためか、一種の接着剤であるとしていましたが、やはり膏薬の毒の吸い出しとしての薬効が誇張された内容だと思うので、単なる接着剤ではないように思います。せっちゃくが〜。
  「木六駄」は見ているだけでぷっと吹き出してしまうような酔っぱらいの描写がたのしいお話。ドリフ好きの母も爆笑してました。

« 青いトマト | トップページ | 伝統芸能の夕べ二日目 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126363/47074077

この記事へのトラックバック一覧です: SORORI:

« 青いトマト | トップページ | 伝統芸能の夕べ二日目 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ