« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月29日 (土)

ブラホとあきつ

  ブラホのライブを見に下北沢へ。時間が少々早いので、ディアーナというイタリアン・バールのお店でちょっと一杯。チェーンのお店らしいけど、手作り感があって居心地の良いところでした。焼きニョッキという珍しい物を堪能。生ハムも絶妙の厚さでした。しかもメニューはどれも激安というすばらしいお店です。
  下北REGには初めて来たが、新しいライブハウスらしく、換気が良くて空気がすがすがしかった。ブラホは一発目だったにもかかわらず、いきなり会場を熱くして、すばらしいパフォーマンスでした。みねぎしのフライングVベースもかっちょよかったです。超短編の知り合いが誰もいなかったのはみねぎしブログの告知に「205/29/2010(Sun)」と間違った曜日が書かれていたせいではなかろうか。
  ブラホ以降のバンドもいくつか見たが、会場がとても盛り上がる女性ボーカルのバンドがあった。演奏はなかなか良かったが、音がなんだかCDラジカセみたいなレンジの狭い音で、目を閉じるとここがライブハウスであることを忘れてしまうような空気感のないサウンドでした。でも観客はノリノリ。ああいう音が若い人には聞きやすいのかなあ。
  みねぎし、あちゃこと下北の名店「あきつ」におもむくも、なんとあきつは閉店したとのこと。あまりのショックにしばし呆然としてしまいました。
  あきつは、店主のかるーいキャラとは裏腹に、本当に日本食の精妙なところを表現しているすばらしいお店でした。超短編マッチ箱のデザインのお礼に、おみかんさんをお連れしたこともあります。今でもおみやげにもらった笹鮓の何とも言えない味と香りが忘れられません……。さらばあきつ。
  そんなわけで、先ほど行ったばかりのディアーナに舞い戻ってなんだかんだ飲んだり食ったり。料理はどれも安いけど、ワインはけっこう普通のお値段だったので、ボトルを何本も頼んだりしたら三人で案外莫大な金額になってしまいましたとさ。

2010年5月20日 (木)

まさか本当に打ち合わせるとは

  健さんちで例によって打ち合わせという名の早朝飲み会。きょうは豚肉のショウガ炒めとやきうどんをごちそうになりました。ショウガ焼きにちょっぴりマヨネーズを落すのが健さん流。
  さて、きょうはただの飲み会ではなく、めずらしく本当に打ち合わせもあったのだ。実はまたスクラムシロップに詞を提供することになりそうなのです。自分でも全く予想もしなかった超短編を元に、健さんが曲を作ってくれたのありました。しかしサビの部分だけ言葉がない。ここをなんとかしろっちゅうことですかい! 元になった超短編はこのリストのどこかにあります。当ててみそ。

2010年5月19日 (水)

芋を生きる

  土曜日に芋の苗が届くので、それまでに畑の準備をしなければならない。しかしどうやら水、木とお天気が下り坂らしいのだ。そんなわけで、もはや農作業が出来る時間は水曜の朝しかないのだった。
  土を耕しているそばからぽつぽつと降り出す雨。もう少々畝が曲がってもいいや。狂ったようにクワを振り回してなんとか二畝完成させた。だんだん本降りになる雨に、あわてて退散。ぎりぎり間に合った!

2010年5月18日 (火)

文学フリマに「空」あります

  さてさて、じつは超短編マッチ箱はまたしても5月23日(日)開催の文学フリマに間に合いませんでしたすみません。そんなわけでマッチ箱としては参加していないのですが、去年末に作ったぼくの個人誌『タカスギシンタロ超短編集 空 』(300円)を本田モカさんのブースで委託販売をさせていただけることになりました。
  「CAFE-MOCA」の場所は「M-06」です。モカさんの新刊『CAFE-MOCA2 bitter×sweet(しおりつき)』の購入ついでに一冊どうぞ! 戸賀崎珠穂さんのファンもぜひ。

砂場さんへの業務連絡とは?

  砂場さんに連絡がつかないので、500文字の心臓の掲示板を利用させていただきました。おかげで「メールはチェックしないが掲示板はチェックする」砂場さんと連絡がとれました。よかったー。
  いまはまだ何とは言えませんが、そのうち砂場さんに良いことがあるような気がしてなりません。

2010年5月17日 (月)

イモだめし

  去年は芋づるを買い損ねたため、悲しいかなサツマイモを植えることが出来なかった。たしか販売は五月初めだったと思い出し、農協の資材ショップに行ったのだった。しかし。「四月末で予約を締め切っております。ちなみに十束ずつの販売となっております」と農娘。。十束ずつの販売ということが分かったところでいまさらどうなろう。
  出遅れた! とばかりに、あわててネットで芋づるを注文。安納芋等のブランド芋にも惹かれたが、ここはがまんして一般的な紅あずまの苗にした。

2010年5月16日 (日)

修理の方程式

  植え残していたナスとピーマンの苗を畑に定植。そのあと大変だったのがのり面の草刈り。こんなの動力草刈り機でやれば三分で出来るのに……と思いつつ、鎌でさくさく。握力がゼロに!
  町田仲見世の腕のいい靴修理屋さん、CRAFT WORKSに妻が靴の修理をお願いしに行くというので付き合った。このお店はかなり難しい修理にも挑んでくれるので、よそで断られた靴がある人も、行って相談してみるといいと思います。ぼくの裏が減ったルコックのスニーカーも補修できるとのことでした。嫁さんは靴を三足も修理に出したので、よほどの靴マニアだと思われたのか「あまり靴を買いすぎないように」とご主人にたしなめられてました。いいぞー。
  さらに修理は続く。母のデジカメがレンズの出入り時にがたがたと異音を発するようになったので、ヨドバシに修理を依頼。ぎりぎり購入一年未満だったので、普通の修理なら無料ですみそうです。
  さらに今度は修理品の受け取り。バッドの交換に出していたゼンハイザーHD580が戻ってきたのでした。お値段は一万円弱とそこそこお高かったけど、バッドの定価から考えると、ほとんど工賃は入っていないように思います。長さ調節の部分も調整してくれたらしく、クリックがしっかりとしてホールド感もアップ。ヨドバシポイントを使ったので、五千円の出費で新品が手に入ったような感じです。やったー。

2010年5月15日 (土)

クッキーの敗北と勝利

  ぎゃー、ふぎゃー、あんぎゃぎゃー。庭でものすごい声がする。庭に下りてみると、一匹の大きな縞模様の猫がいて、クッキーの姿はない。隣のご主人は「クッキーがけんかして」と言っている。で、クッキーはどこ? と思ったら、エアコンの室外機の下の隙間に入って怒りの形相。白い毛のかたまりがいくつか、地面で風に揺れている。
  とりあえず両者を分けるため、ゆっくり歩いてしっぽのふさふさとした縞猫さんには庭を出ていだくことにした。振り向くとクッキーが室外機の下から出てすっくと立っている。勝ち誇ってるの? クッキーは何事もなかったかのようにきびすを返し、階段を下り、道路を横切って自分のお家に帰っていったのでした。

2010年5月13日 (木)

スクラムシロップに狂気一票を!

  さて、昨年に引き続き、ロッキンオンの音楽コンテストで今年もスクラムシロップが一次選考を突破しております。スクラムシロップのリーダー健さんは、ご存じシンタロの男歩き仲間であります。どうぞみなさまの清き、狂気の一票を!
  スクラムシロップの投票ページはコチラ(「Newspaper」が試聴できます)。

2010年5月 2日 (日)

ミニトマトとキュウリの植え付け

  苗の植え付け。去年はトマトの棚のつくりが貧弱で、台風シーズンにはほとんど崩壊して、トマトが棚を支えるという本末転倒な事態となったので、今年は頑丈に棚を組むことにした。自作の番線を用意して、プラスドライバーを使ってくるくると支柱同士を締め付けた。なかなかしっかり出来たと思います。来いや、台風!

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ