« 『超短編の世界3』作品募集のお知らせ【終了しました】 | トップページ | 円高の生かし方 »

2010年9月 9日 (木)

ケンシン

  きょうは定期検診だった。大便、小便、血液、レントゲン、血圧、心電図、メタボ検診……。これだけ調べたらきっとどこか悪いところが見つかるに違いないと思わせる検査項目の多さ。そもそも病気の早期発見のためにやっているわけだから、悪いところが見つかったら見つかったで良いはずなんだけど、なんか検査っていやだなあ。
  検便時、雲古をとるとき下に敷く紙が検査キットに入っていた。トレールペーパーという商品名なのだが、ようするに雲古を受け止めた後、そのまま水洗トイレに流せるというものだ。昔は新聞紙の上でわりば……。
  それはそれとして、そのトレールペーパーをWebで検索すると画像がいくつも出て来るのだが、それら多くのものには、擬人化した雲古が両手を挙げているというがっかりなキャラクターが印刷されている。しかしぼくが使ったのは、それとは違って、キャラがなんかかわいいのだ。前出の、全身これ雲古の情けないものとは違って、雲古のかぶり物をかぶった少年キャラなのだ。
  恐れを知らぬ両手上げ雲古くんは、トレールペーパーに印刷されたターゲットのまさに中心に鎮座しているが、少年雲古くんはさりげなく的の中心から身体をずらして、こちらにどうぞと言わんばかりに的の中心を手で指し示している。かわいい。なんてかわいいんだ。これじゃあつかえないよ。
  といった意味も含めて、超短編の投稿、よろしくお願いいたします。

« 『超短編の世界3』作品募集のお知らせ【終了しました】 | トップページ | 円高の生かし方 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126363/49405296

この記事へのトラックバック一覧です: ケンシン:

« 『超短編の世界3』作品募集のお知らせ【終了しました】 | トップページ | 円高の生かし方 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ