« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月26日 (月)

「ひかり町ガイドブック」募集終了

  「ひかり町ガイドブック」超短編の募集は(ほぼ)終了いたしました。作品をお送りいただいたみなさま、どうもありがとうございました。
 作品をお送りいただいた方には返信のメールを差し上げておりますが、タカスギからのメールが届いてない方は、投稿メールが未着の可能性があります。至急タカスギまでご連絡ください。よろしくお願いいたします。

2011年12月 2日 (金)

超短編のイベントを開催します※このイベントは終了しています。

  ※このイベントは終了しております。ご来場のみなさま、どうもありがとうございました。(2012.01.16)

『ゆみに町ガイドブック』『物語のルミナリエ』出版記念

■■■ 西崎憲さんと語る「可能性の文学」の歩き方 ■■■
  

 2011年に開催した「超短編マッチ箱・西荻ベコカフェ出張編」に続く超短編イベント開催! 今回はゲストをお招きします。11月に6年の歳月をかけて完成した新刊『ゆみに町ガイドブック』を出版されたばかりの西崎憲さんです。12月に出版される異形コレクションの新刊『物語のルミナリエ』で超短編マッチ箱のタカスギシンタロ、松本楽志と同時掲載というご縁もあり、今回のイベント開催となりました。また、会の終了後は西崎さんの新刊『ゆみに町ガイドブック』へのサイン会を行います。日時その他は以下を参照ください。皆様の参加をお待ちします。
          企画・超短編マッチ箱/協力・小野塚力


■■とき

2012年1月15日(日)
18:30~20:30(開場18:00)


■■ところ

becocafe(ベコカフェ)

1167-0042 東京都杉並区西荻北3-18-6
Google地図 http://g.co/maps/ykfz7
電話 03-6913-6697
メール w.bookendless@gmail.com
ブログ「店長雑録」 http://bookendless.blog81.fc2.com/


■■料金

1500円(ワンドリンク付)


■■予約方法

タカスギシンタロまでメールでお願いします。
一通のメールで2名様までご予約できます。

メール本文に

・お名前
・人数(一通のメールで最大2名まで)
・メールアドレス

をご記入の上

までメールでご予約ください。予約は先着順です。


■■定員とキャンセルについて

定員 14名

・メールの先着順で、予定人数に達し次第しめきります。
・立ち見席を3名分ほど追加可能ですので、予定数を過ぎた場合は立ち見でも可能かどうか、予定数以降に届いたメールの先着順に、メールにておうかがいさせていただきます。
・キャンセルの場合、当日でもキャンセル料はいただきませんが、なるべく早くお知らせください。


■■プログラム

■前半
・『ゆみに町ガイドブック』を上梓された西崎憲さんに、新刊について存分に語っていただきます。聞き手は松本楽志・タカスギシンタロ。
・西崎さんの旧刊『世界の果ての庭』『蕃東国年代記』の話題から、タカスギシンタロ・松本楽志も参加の『物語のルミナリエ』をめぐり、「可能性の文学」の可能性をさぐります。

■休憩
・当日の販売は『ゆみに町ガイドブック』5冊程度を予定。西崎さんにはCDも5枚ほどお持ちいただく予定です。

■後半
・超短編コンテスト「ひかり町ガイドブック」の優秀作を発表します。
 コンテストの詳細は→こちら
・タカスギシンタロ賞、松本楽志賞、小野塚力賞の各賞を予定。
・西崎憲さんに優秀作品についてコメントをいただきます。
・当日の参加者全員に、優秀作品を掲載した小冊子をお配りします。
・小冊子には西崎憲さんの超短編作品も掲載予定です。
・時間があるようでしたら、選者による優秀作の朗読も。

■イベント終了後(サイン会あり)
・ひきつづきbecocafeでご歓談いただけます(食事はなし。注文は飲み物オンリーです)。
・西崎憲さんに新刊『ゆみに町ガイドブック』へサインをしていただく時間をもうけます(持ち込み可)。


以上。

超短編作品募集のお知らせ ※募集は終了しました。


以下の募集は終了しております。(2011.12.26)

■■■超短編作品募集のお知らせ■■■

■■2012年1月15日に開催される超短編のイベント【「可能性の文学」の歩き方】で使用する超短編を募集します。 イベント詳細については→こちら

投稿テーマ以下の通りです。

■架空の町「ひかり町」の見どころを500文字の超短編でガイドしてください。

1. ガイドブックらしさを出すために、まず次の項目からひとつを選んでください。

【名所旧跡】
【自然】
【あそぶ】
【グルメ】
【おみやげ】
【○○○○】←上記に当てはまらない場合は自由にお作りください。【学ぶ】とか【歴史】とか。

2. 次に、ひかり町の観光資源ついて記述します。

・作例……1で【名所旧跡】を選んだ場合

【名所旧跡】
「ホタルの木跡」
 はなやかな光のページェントで有名なひかり町の、そのイルミネーションのルーツとなった場所がここ。現在は暗渠となっている清川のほとりに、かつて「ホタルの木」という柳の木がありました。ホタルの季節にはこの木に何千、何万もホタルが集まり、いっせいに光の明滅を繰り返したといいます。しかしその木も昭和40年頃、護岸工事のために切り倒されてしまい、ホタルの木の跡を示す石碑が当時の面影を今に伝えるのみです。

3. 2で記述した観光資源にまつわる「ものがたり」を書いてください。

・作例
「ものがたり」
『柳下閻魔図屏風』
 どうしてホタルの木にホタルが集まるのか。あるとき、柳の木から甘い汁がしみ出ているのではないかと考えた浄光寺の僧侶が、ためしに柳の木の割れ目に舌を入れてみた。すると割れ目の奥で何者かが僧侶の舌を捕らえ、ぐいぐいと下に引っ張るではないか。必死に舌を抜こうとする僧侶だが、舌をつかむ力は強く、抜けるどころか舌はますます引き伸ばされる。僧侶は半ば意識を失ったが、舌はなお幹を下り、根を下り、土中に深くどこまでも伸びていく。やがて長く伸びたその舌先が、はるか地の底で冷たい水脈に触れた瞬間、僧侶はある境地に達し、はたと目を覚ましたという。僧侶が舌で描いたという「柳下閻魔図屏風」は浄光寺本堂で見ることができる。(タカスギシンタロ)

※2と3のテキストをあわせた文字数が、全体でおおむね500文字に収まるようにしてください。少々のオーバーは問題ありません。

※松本楽志による参考作品は→こちら

■投稿

作品は【ひかり町】ではじまる件名で、タカスギシンタロまでメールでお送りください。
作者名を忘れずにお願いします。
作品投稿用メールアドレス:

■しめきり

2011年12月25日(日)いっぱいです。
「クリスマスまでには」と憶えてください。

■作品選考について

作品選考は松本楽志、タカスギシンタロ、小野塚力が行い、優秀作数編のほか、松本楽志賞、タカスギシンタロ賞、小野塚力賞が選ばれます。

■作品発表について

優秀作品は2012年1月15日(日)開催の超短編イベントで発表します。ゲストの西崎憲さんに作品に関してコメントをいただく予定です。時間があれば選者による朗読があるかも知れません。その後、タカスギシンタロのブログ等に作品を掲載・発表します。

■原稿料について

原稿料は出ません。すみません。その代わり優秀作品執筆者には、選者よりささやかなご褒美が贈られます。また、冊子に作品を掲載させていただきます。さらにイベント当日、西崎憲さんに作品に対してコメントをしていただく予定です。

■冊子への掲載について

優秀作品は冊子にまとめて、イベント当日、参加者全員へお配りします。この冊子には西崎憲さんの書き下ろし超短編作品も掲載予定です。また、冊子は(出来が良ければ)文学フリマで販売する可能性があります。ご了承ください。

以上。

たくさんのご投稿をお待ちしております。

参考作品『旅人の止まり木』(松本楽志)

【グルメ】

「電話食堂」

 懐かしい黒電話や、使われなくなった公衆電話、外国の情緒ただよう電話、弁当箱のような携帯電話から最新のスマートフォンまであらゆる電話が所狭しと並べられているこの店は、電話の博物館ではありません。なんとここは食堂なんです。注文の仕方はいたって簡単、空いている席に着いたら手近にある電話の受話器を手に取ってみてください。「はい、蕎麦屋やぶやです」「もしもし、レストランマンボウです」「あい、こちら茫々軒」。あとは食べたいものを伝え、待つだけ。あらゆる食事がお手軽な料金で食べられます。旅行客の皆さんにこそふさわしい食事体験をお楽しみください。

【ものがたり】

『旅人の止まり木』

 飲食店店主たちの間で、妙な電話がかかってくると言う噂が広がっている。まず注文がどこかおかしい。きいきいと高い声で「きつつきみそば」とか「おうむらいす」とか「どーどーどうふ」とかそんなものを注文する。それをなんとか聴き取って、指定された家にいくと誰も居ない。ただ、妙に明るい部屋の中にはたくさんの鳥籠が置いてあるらしい。おまけに机の上にはちゃんとお金が置いてあるので、みな料理をそこに残していったん帰って行く。翌日その家を通ると、ちゃんと皿が外に出してある。そんな噂をしている間に、また誰かの店に出前の電話が。きいきいと高い声が電話口から漏れ聞こえてくる。「えー、なんだけっけ『とんびかつていしょく』だっけな、それ、ひとつおねがいします。あ、寒くなる前に届けてね」(松本楽志)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ