« 「可能性の文学の歩き方」無事終了 | トップページ | 100時間連続修養 »

2012年1月22日 (日)

Cafe凛堂の夢十夜

  店内に古書のナイアガラがあるというすさまじいお店「盛林堂書房」へ。なんと超短編マッチ箱をこちらで扱ってもらえることになったのでした。超短編マッチ箱の常設店は世界広しと言えどもここだけです。一巻から七巻までそろっていますので、ぜひお越しください。盛林堂書房は本当にすばらしい書店で、百円均一の賞品にも掘り出し物多数。くわしくは散歩の達人2012年2月号「西荻窪・荻窪特集」号をご覧ください。
  盛林堂で古書店の裏話を拝聴した後、荻窪に移動。「かふぇ&ほーる with遊」にて久々にCafe凛堂の朗読を聞きました。内容は夏目漱石の夢十夜を中心とした朗読劇で、タカスギシンタロの「ドミノ」「理科室の怪」も読んでいただきました。立花腑楽さんの「黒い羊」も楽しかった! 公演は物語の背景に編集者やイラストレーター、夢研究家といったオリジナルのキャラを登場させた立体的な構成で、一時間半のノンストップ朗読にもかかわらず、まったく飽きることがありませんでした。
  美女三人に別れをつげたあとは高円寺のミニコミ誌食堂「まんまみじんこ洞」にて一杯。切り絵作家の田中良平さんも現われて、目の前でカエルを切っていただきました。ありがとうございます。

« 「可能性の文学の歩き方」無事終了 | トップページ | 100時間連続修養 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126363/53835068

この記事へのトラックバック一覧です: Cafe凛堂の夢十夜:

« 「可能性の文学の歩き方」無事終了 | トップページ | 100時間連続修養 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ