« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月22日 (日)

Cafe凛堂の夢十夜

  店内に古書のナイアガラがあるというすさまじいお店「盛林堂書房」へ。なんと超短編マッチ箱をこちらで扱ってもらえることになったのでした。超短編マッチ箱の常設店は世界広しと言えどもここだけです。一巻から七巻までそろっていますので、ぜひお越しください。盛林堂書房は本当にすばらしい書店で、百円均一の賞品にも掘り出し物多数。くわしくは散歩の達人2012年2月号「西荻窪・荻窪特集」号をご覧ください。
  盛林堂で古書店の裏話を拝聴した後、荻窪に移動。「かふぇ&ほーる with遊」にて久々にCafe凛堂の朗読を聞きました。内容は夏目漱石の夢十夜を中心とした朗読劇で、タカスギシンタロの「ドミノ」「理科室の怪」も読んでいただきました。立花腑楽さんの「黒い羊」も楽しかった! 公演は物語の背景に編集者やイラストレーター、夢研究家といったオリジナルのキャラを登場させた立体的な構成で、一時間半のノンストップ朗読にもかかわらず、まったく飽きることがありませんでした。
  美女三人に別れをつげたあとは高円寺のミニコミ誌食堂「まんまみじんこ洞」にて一杯。切り絵作家の田中良平さんも現われて、目の前でカエルを切っていただきました。ありがとうございます。

2012年1月15日 (日)

「可能性の文学の歩き方」無事終了

  西荻窪の本好きの隠れ家becocafeで超短編マッチ箱のイベントを開催しました。「可能性の文学の歩き方」という、ちょっと不思議なタイトルですが、ゲストはなんと西崎憲さん。イベントの前半では、できたてほやほやの『ゆみに町ガイドブック』に関して、たっぷりと語っていただきました。さらに『世界の果ての庭』『蕃東国年代記』に関する裏話や、気になる新作の情報も……。楽しいお話をありがとうございました。
  後半は募集した超短編作品の優秀賞の発表です。ここでサプライズとして、西崎さんによる全投稿作品へのコメントを掲載したペーパーをお配りしました。投稿した皆さん、よかったね。優秀作品はすでに発表した通りですが、今回は本当にレベルが高かったように思います。
  2時間のイベントもあっという間に終了。時間が足りないくらいでした。小さなイベントではありましたが、いろいろと大変なこともありました。でも、またやってみたいなあと思います。ご参加いただいたみなさま、becocafeさま、小野塚力さま、そして西崎憲さま、どうもありがとうございました。

「ひかり町ガイドブック」優秀作品発表

  超短編コンテスト「ひかり町ガイドブック」の優秀作品を発表いたします。

■選者賞

小野塚力賞 『わ』  根多加良
松本楽志賞 『サマー・ノイズ』  空虹桜
タカスギシンタロ賞 『ふわり、ふわり』  加楽幽明

■リサイクル賞(使い回し×3)

『泳ぐ空』  峯岸可弥

■優秀作品

『狩り場』  葉原あきよ
『空の水』  はやみかつとし
『無題』  倉田タカシ

■佳作

『鍵師』  葉原あきよ
『投函』  砂場
『ソウシツ』  佐多椋
『あまからブギウギ』  穂坂コウジ
『投影』  加楽幽明
『ニポ・コリトの歴史』  オギ
『しあわせの星』  タキガワ
『桃の毛』  不狼児
『革命前夜』  白縫いさや 
『セルフ・ラヴァーズ』  たなかなつみ
『ある自動人形師の最後』  すぎやまあつし

以上。


  佳作以上に選ばれたみなさまには、作品を掲載した冊子「ひかり町ガイドブック」をお送りいたします。さらに、各選者賞を受賞のみなさまには、素敵な賞品も合わせてお送りいたします。そのうちのひとつには西荻窪の「盛林堂書房」さまにご提供いただいた本もございます。どうぞお楽しみに。

  なお「ひかり町ガイドブック」は、体裁を整えた上で、文学フリマにて販売予定です。「ひかり町ガイドブック」には西崎憲さんの書き下ろし作品も掲載されています。お楽しみにお待ちください。

2012年1月13日 (金)

印刷終了

  1月15日のイベント用の冊子を印刷しました。松本楽志、小野塚力、タカスギシンタロの三人が選んだ優秀作品がたくさん載った作品集です。全28ページの豪華版。そして冊子にはなんと、西崎憲さんの書き下ろし作品も掲載されているのです。この冊子はbecocafeイベントの参加者にお配りします。参加できない方、ごめんなさい。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ