« 2012年11月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月28日 (月)

みじんこ洞で山下昇平さんの作品展示開始しました

高円寺のまんまみじんこ洞にて山下昇平さんの作品展示を始めました。イベント直前まで展示する予定ですので、実物を間近で見てみたいという方はぜひ。みじんこ洞は料理もお酒も安くてうまい! 八宝菜は一月限定だ。八宝菜ファンは急げ! 

2013年1月20日 (日)

山下昇平さん制作のオブジェ

※作品募集は終了しています。(2013.02.19)

写真は山下昇平さん制作のオブジェです。写真を見てイメージした超短編をお送りください。募集要項はこちら

また、近々オブジェの現物を手に取ってみられるようにする予定です。展示場所が決まり次第お知らせいたします。

高円寺のまんまみじんこ洞にて作品の展示を始めました。イベント直前まで展示する予定ですので、実物を間近で見てみたいという方はぜひ。みじんこ洞は料理もお酒も安くてうまい!(2013.0128追記)


Hebi1301002_2


Hebi1301008


Hebi1301011


Hebi1301014


Hebi1301015


Hebi1301017


Hebi1301018


Hebi1301022


Hebi1301024


Hebi1301027


Hebi1301028


Hebi1301005

           写真提供:山下昇平


さらに多くの、もっときれいな画像がダウンロード可能です。

ダウンロードはこちら。(クリックすると、自動的にダウンロードが始まりますからご注意ください。)(18枚、70MB)

↑このリンクは期間限定ですので、ダウンロードはお早めに。ダウンロード出来なくなっていた場合はあきらめてください。

参考作品『入国審査』(タカスギシンタロ)

入国審査  タカスギシンタロ

 蛇使いたちとの交渉はうまくいっていない。彼らの猜疑心は明らかで、入国する度、私のからだを執拗に検査した。私に銀色の蛇のような生物を飲ませ、肛門から回収する。そして「筒状の微生物共生体」などと記録して、馬鹿にしたようにカタカタ音をたてるのだ。その屈辱たるや。
 しかし今日はそんなことにはならないだろう。我が親愛なる同盟者レディ・ケティ・ケティに同伴してもらったからだ。蛇使いたちは猜疑心を爆発させ、私より先にレディ・ケティ・ケティに銀色の蛇を飲ませた。ところがいつまでたっても銀色の蛇は帰ってこない。
 ずいぶん経ってから、レディ・ケティ・ケティは蛇を吐き出した。蛇は自分の尻尾を口にくわえて、今まさに消えんとするところだった。蛇使いたちは半狂乱となり、入国審査は延期された。
 結局レディ・ケティ・ケティは入国できなかった。しかしそれ以来、蛇使いたちとの交渉は我々に有利に進んだのだった。

超短編募集のお知らせ(この募集は終了しています)

※この募集は終了しています。たくさんのご投稿ありがとうございました。(2013.02.19)

2013年3月9日(土)に行われるイベント「超短編マッチ箱SFファン交流会出張編」に関連した超短編を募集します。

■■募集

・山下昇平さん制作のオブジェを見てイメージした超短編を書いてください。(画像はこちら
・文字数は500文字以内(多少なら長くなっても可)。
・内容は広い意味でのSF。
・タイトルは自由です。
・選考はタカスギシンタロ、松本楽志、山下昇平、ファン交スタッフが行います。
・優秀作品を書いた人(1名)には、お題に用いたオブシェが進呈されます。その他、各選者賞あり。

・しめ切り:2013年2月17日(日)

・応募方法:作品はメールでタカスギシンタロまでお送りください。
 
・メール本文には以下の項目をお忘れなく。
 筆名
 メールアドレス
 作品タイトル
 作品本文

参考作品『入国審査』(タカスギシンタロ)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年2月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ