« 2013年8月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年9月

2013年9月29日 (日)

【おすすめ情報】第73回西荻ブックマーク「井村君江の妖精の森」講演会

■■第73回西荻ブックマーク「井村君江の妖精の森」講演会のお知らせ

ケルト・ファンタジー文学研究家にして、フェアリー協会会長の井村君江氏が、妖精について語る秋の夕べの講演会。西荻が妖精の森に変わります。(西荻ブックマークHPより)


  ↑『指輪物語』や『ハリーポッター』などのファンタジーが好きなひとはもちろん、ケルト文化やアイルランドに興味がある人もぜひ足をお運び下さい。もちろんぼくも行きますよ。

2013年9月16日 (月)

【募集要項】本の超短編※この募集は終了しました。

この募集は終了しました。たくさんのご投稿ありがとうございました。

■■コトリの宮殿「文学フリマ特別号」に掲載する作品を募集します。今回のお題は「本の超短編」です。

■ルール

・500文字以内の超短編であること(ちょっとくらいなら越えてもOK)
・本文中に実在する書名を最低ひとつは入れること。(商業出版でなくてもかまいませんが、架空の書物は不可。)
・タイトルは自由です。

※使用した本の内容やタイトルが、作品の内容とリンクしている必要はありません。ただ単純に書名を文中に登場させるだけでも問題なしです。

参考作品→『金銀の目』タカスギシンタロ


■応募方法

・作品はタカスギシンタロにメールでお送りください。メールの件名は「【投稿】本の超短編」でお願いします。
・メール本文に以下の項目をお忘れなく。

筆名:
使用した書籍の書名・作者・出版社:
作品タイトル:
作品本文:

※作品に使用した書籍を実際にお持ちの場合は、表紙の画像を添付でお送りいただければうれしいです(フリーペーパーに書影を載せるため)。300dpi以上の画質だとなおうれし。

■しめ切り

10月20日(日)

■作品の選考に関して

・投稿作品が多数の場合はタカスギシンタロが選考を行いますが、あまりシビアな選考はしないつもりです。作品数が多い場合はむしろ二分冊にするくらいのゆるさで行きたいと思います。
・ひとりで何作応募してもかまいませんが、なるべく多くの人の作品を掲載したいので、投稿多数の場合は、掲載作品数をひとり1作に限らせていただきます。

■お礼

・作品が掲載されたみなさまにはフリーペーパーを送らせていただきます。
・優秀作品に関してはタカスギからご褒美が出るかも知れません。

以上。

【本の超短編・参考作品】「金銀の目」タカスギシンタロ

筆名:タカスギシンタロ
使用した書籍の書名・作者・出版社:「幻想文学入門」東雅夫編著(ちくま文庫)
作品タイトル:金銀の目
作品本文:


 追跡者から逃れて古本屋へ飛び込んだ。一介の客を装い、何食わぬ顔で本を物色する。なにげなく『幻想文学入門』という本を手に取ると、本の空隙の奥、書棚の闇に銀色の目が光っていた。気づかないふりをして、今度は一冊飛ばしたところにある『幻想小説神髄』を引き抜いた。そこには金色の目が光っていた。わたしはそっと本を棚に戻し、店を出た。
 道を行くとたちまち塀の上に灰色の影が現れた。しかし影はゆらゆらよろめくと、金銀の目をきらめかせながら塀の向こうに落ちてしまった。じつは先ほど本を棚に戻すときに左右を入れ替え、上下を逆にしておいたのだ。やつはきっと塀から落ちたのではなく、天に昇るように感じたに違いない。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年12月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ