« 【募集】「20周年!もうすぐオトナの超短編」 | トップページ | 【発表】「もうすぐオトナの超短編」タカスギシンタロ選 »

2017年4月17日 (月)

【発表】回文超短編

■■回文超短編の選考結果を発表します。

■三田たたみ賞(イベント大賞) 『俺と彼女と回文』 といじま

■松本楽志賞 『そして夢現は回り続ける』 たなかなつみ

■千百十一賞 『さようなら私たち』 葉原あきよ

■タカスギシンタロ賞 『悪訳』 佐多椋

■たくさん点をあつめたで賞  『悪訳』 佐多椋

※そのほかの成績上位作品

『はじまり』 胡乱舎猫支店
『タナカノカナタ』 はやみかつとし
『こねこ』 国東
『5月を通過後』 空虹桜
『だいたいたいだ』 穂坂コウジ
『啓蟄の候』 松岡永子

■■評

■三田たたみ

『俺と彼女と回文』 といじま …… ラノベ的でかわいい。
『さようなら私たち』 葉原あきよ …… 回文がいい感じに盛り込まれてる。
『こねこ』 国東 …… ぬこさまかわゆす。
『5月を通過後』 空虹桜 …… 大人の恋愛っていい。
『紳士的やりとり』  海音寺ジョー …… 擬音語が楽しげ。
『うたう子らの祈り』 よもぎ …… 一人称が自然。
『だいたいたいだ』 穂坂コウジ …… 落語っぽいオチ。
『松岡永子』 啓蟄の候 …… 不思議な感じ。
『悪訳』 佐多椋 …… 回文が一番好み。
『はじまり』 胡乱舎猫支店 …… ホラーと回文のギャップが面白い。
『そして夢現は回り続ける』 たなかなつみ …… 詩的な感じ。
『タナカノカナタ』 はやみかつとし …… 回文とのギャップがシュール。

■松本楽志

『そして夢現は回り続ける』 たなかなつみ …… えくぼをぼくへ。ねだるたなかなつみ 綱かな? 樽だね。

■千百十一

『さようなら私たち』 葉原あきよ …… 入っている回文の最後のものが、無理がなくて詩としても美しい。作品の構造自体も、回文のように最初の出来事と最後のできごとがつながっていて、真ん中で軸になる飛躍もあり、綿密に考えられていると思います。この企画でこの回文ができ、この作品ができて良かったなあという気になりました。

『だいたいたいだ』 穂坂コウジ …… 最初の一行が枕、最後の会話がオチというミニ落語になっているんですね。このお話自体が極楽落語。とくに、最後の回文を回文そのままの形で出さずに、読者が「ああ、あの」と分かって脳内で言ってしまうように仕組んだのが、オチとして落語らしいのではないでしょうか。

『悪訳』 佐多椋 …… 力技のような回文。よくぞ、この文字列から意味を抽出して超短編にまで持って行ったものです。しかも、一読して不自然にならないように全体を不自然な文体で書くという逆転の発想ですが、主人公の抱える欠落感と舌足らずな言葉が合っていて、成功していると思います。

『はじまり』 胡乱舎猫支店 …… 「監視カメラ」の語をひっくり返しただけでこんな面白い回文に! いい言葉をみつけられたなあ、という、してやられた感があります。さてどう進化するのか、といった時に、カメラとしての機能から全く離れた進化をさせたのも、面白い発想でした。しかも、監視カメラのまるで人を狙っているような不気味さと、しっかり繋がっていて無理がありません。

『タナカノカナタ』 はやみかつとし …… 突き抜けたバカバカしさで楽しませていただきました。表題以外の回文の入れ方が無茶といえば無茶なのだけど、そこが目的地ではなくて彼方は空っぽというのは、回文をひねりすぎて何でも逆さまによむのがふっとアホらしくなる境地、でしょうか。「どのタナカだよ」という突っ込みに、「突っ込むところがそこですか」と突っ込みつつ、N.タナカが誰か分からなかったけれど、西荻には分かる人がたくさんいそうな気がします。

『うたう子らの祈り』 よもぎ …… 色彩の強い作品が並ぶなかに、ふんわりした色合いのつつましやかな佇まい、と感じました。

『啓蟄の候』 松岡永子 …… 夢の水位、浮御堂。おだやかなやりとり。何とも幸福感があって、季節外れの宝船にふさわしいと思いました。

■タカスギシンタロ

『悪訳』 佐多椋 …… 作中の回文「《主》、手に血の跡。レムの母、『母』の群れとあの地にて死ぬ。」が象徴的でしかも意味がよく分からない。その異様さをテキスト全体に拡張して、たどたどしく切断された世界をみごとに表現したと思います。

『さようなら私たち』 葉原あきよ …… 回文「十は鳴かず、私の遺体の下、わずかな羽音」がすばらしい。この回文をまずつくってから物語を展開したのかと思ったら、そうではないらしく、順を追って創作したとのこと。もはや回文師の域。

『はじまり』 胡乱舎猫支店 …… 静かな怖さをたたえた本文に、いきなり挿入された「監視カメラメカ進化」の回文が、世界の奇妙さをさらに増幅して怖さアップ。

『そして夢現は回り続ける』 たなかなつみ …… 「ダンスは済んだ」はずなのに、回文のウロボロス的円環が悪夢を回し続けている。回文の回転性をうまく物語に取り入れていると思いました。

『うたう子らの祈り』 よもぎ …… もしかすると「かあちゃん」はすでに亡くなっていて、ランタンは迎え火なのかな? 「小唄うたう子」がなんともいえない昭和感を醸し出しています。

« 【募集】「20周年!もうすぐオトナの超短編」 | トップページ | 【発表】「もうすぐオトナの超短編」タカスギシンタロ選 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126363/65161825

この記事へのトラックバック一覧です: 【発表】回文超短編:

« 【募集】「20周年!もうすぐオトナの超短編」 | トップページ | 【発表】「もうすぐオトナの超短編」タカスギシンタロ選 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ