2012年6月 2日 (土)

額縁から愛を込めて

  6月12日といえば、皆さんご存じ「恋人の日」ですよね。恋人たちが互いにフォトフレームを交換し合うという、ブラジル人なら誰でも知っているというアレです。今回参加したイベント「額縁から愛を込めて」は「恋人の日」には少々早いのですが、愛にあふれた、じつに素敵なイベントでした。
  第一部は庄崎隆志さんのバントマイム。「カメラマン」という出し物では人間カメラに扮した庄崎さんが写真を撮ります。モデルはぼく。撮影のパフォーマンスのあとポラロイドカメラの口から紙を引き出してみせるのですが、一枚目はミスショットで不細工な顔の絵が描いてありました。ぼくが怒ると「もう一枚」と言ってまた写真を撮るパフォーマンス。で、次に取り出し口から出てきたものは……なんとぼくの似顔絵(似てる!)でした。いったいいつ仕込んだのか。パントマイムというより手品みたいな出し物でした。
  庄崎さんの舞台は身体の表現だけでなく、指先の表現がとても豊かでした。とくに「綱渡り家業」というネタでは指人間に綱渡りをさせつつ、全身や顔の表情で心理表現も同時に演じていました。まるで映画のロングショットとアップを同時に映しているような、感覚に多層的に訴えてくる、不思議な演劇表現でした。
  第二部はワークショップ。筆談器を用いた会話ゲームやイラストゲームは、うまく伝わらないところがオモシロイ。「伝わりにくさ」を楽しさに変えてしまう、なかなかしたたかなゲームでした。
  イベント終了後は西荻窪の茶散歩へ。盛林堂書房、モイスェン、Amy's Bakeshop、ベコカフェなどに立ち寄りつつ、帰りはバスを乗り過ごすという充実した休日。

  

2012年5月12日 (土)

明の窓

  福祉とアートの境界線に佇む、谷中の不思議空間「明の窓」へ。築50年の味のある平屋建て一軒家に、フリーペーパーコトリの宮殿を置かせていただきました。代表の坂部さんとはもうずいぶんと長い付き合いになりました。いままでいろんな企画のお手伝いをさせていただきましたが、どれも一筋縄ではいかない、めんどくさいものばかり。でもたいがい面白いことになるので、意味も分からず、坂部さんには巻き込まれるようにしています。明の窓のHPも坂部さんと同じく攻略するのがなかなか手強いつくりです。

2012年3月27日 (火)

花粉症の人の気持ちがもう分からない。

  ※注意 以下の記述には鼻水、鼻汁、青っぱな、鼻くそ、鼻毛などの不快な表現が含まれます。ご注意ください。

  ぼくはおそらく花粉症で、春先になるとけっこうくしゃみが出ます。時期的には杉花粉の飛散と一致しているので、アレルギーの原因は杉花粉、もしくは同じ時期に花粉を飛ばす何かの植物だと思われます。くしゃみが出るだけなので今まで何の対策も講じてこなかったのですが、むだにつらい時を過ごすのもしゃくなので、今年はフマキラーの「アレルシャット 花粉 鼻でブロック」という商品を使ってみることにしました。結果的にこれがすごかった。
  この商品はワセリンのようなものを鼻腔内に塗って花粉をキャッチするというもの。そんなことで花粉が防げるとも思えなかったのですが、峯岸のすね毛にもすがる思い出試してみました。すると驚いたことにほとんどくしゃみが出なくなったのです。鼻の穴を全てふさぐわけでもないのに、なぜだろう。
  もしかして、鼻毛が重要な役割を果たしているのではなかろうか? だって、鼻腔内に塗るだけではフィルターとしての目が粗すぎると思うのです。僕のように鼻がでかくて鼻毛がぼうぼうの人は、鼻毛一本一本が吸着剤でコーティングされて、フィルター効果がより高まるのではないかと想像します。そしてここではたと気づきました。
  もしかして、アレルシャットなんぞなくても良いのではなかろうか? 鼻くそや青っぱな、鼻汁を掃除したりせず、そのまま鼻腔内に留まらせておけば、うまく鼻毛と絡んでフィルター効果が果たせるのではないだろうか? 花粉症とは、もしかして鼻腔内をきれいにしすぎることによって生じる現代病の一種なのかも……。
  ともかく僕は、去年まであれほどくしゃみをしていたというのに、もう花粉症の人の気持ちが分からなくなってしまいました。酒飲みが朝の二日酔いを夕方には忘れてしまうのと同じように。ほんと、人は勝手なものですね。まあ、目はかゆいんだけどね。

2012年2月29日 (水)

ケトル考

  長年うちで使っていたケトルはフィスラーのベルリンという型のもので、これは本当に良い買い物だった。笛つきのケトルはたいてい注ぎ口の樹脂製のふたが鳴るような仕組みになっている。そのタイプもなかなか良いのだが、だいたい五、六年でふたの部分が熱で劣化してしまうのである。一方、フィスラーのベルリンは、鐘状のステンレス製ふたをぱこっとかぶせるタイプなので、十数年使っているが全然大丈夫なのだ。しかあし。
  さすがに長い間使ってきたので、取っ手の根元の部分が少々心許なくなってきた。同じものを買おうとも考えたが、残念ながら廃版となっていた。そこで似たようなものを調べると、ブラバンシアとツヴィリングのケトルが見つかった。ブラバンシアのものはフィスラーのケトルと酷似していて親しみがわいたのだが、ちょっと目先を変えて、ツヴィリングのものを買うことにした。しかあし。
  手元に届いてみると、これまたフィスラーのものにそっくりなのだった。取っ手の付き方に違いはあれど、笛つきのふたなど、共用できるほどなのだ。ヨーロッパ製品はけっこう部品の流用が多いのかなあ。ともあれ、こいつがないと湯たんぽにお湯が入れられないからね。

2012年2月24日 (金)

ハクキンカイロ

  今年の冬は寒かった。夜勤明け、朝の四時ごろ歩いて家路に向かうときの寒さときたら! そこで今年はついにハクキンカイロを導入しました。昔からうちにあったカイロは火口が痛んでいて使えなかったので、新規購入したものです。これがもう暖かいのなんのって、使い捨てカイロなど比べものにならないハイパワー。しかもベンジンを満タンにすればほぼ丸一日暖かさが続きます。もうこれなしでは生きられない! 使い捨てカイロでは満足できない寒がりのあなたにおすすめです。……でも低温火傷にはご注意を。
  低温火傷と言えば。昨年の12月10日、皆既月食の夜に酔っぱらって寝て、湯たんぽで低温火傷した足の甲ですが……実はまだ直っていません! 低温火傷恐るべし。

2011年10月25日 (火)

イワミ君の災難

  埼玉県からイワミ君が自転車に乗ってやってきた。ナナフシ堂での超短編マッチ箱の売上金を、四十数キロの道のりをものともせず、脚力を駆使して運んでくれたのだった。ありがとう!
  食事でもしようということになり、駐輪場の場所を探したが、見つからない。ちょうど放置自転車取り締まりのおじさんがいたので、イワミ君が場所を聞くと「そのへんにとめとけば? 紙を貼られたら破いちゃえばいいから」とのこと。お言葉に甘えてその辺の置かせてもらうことにしました。
  いつも早朝からお世話になっている居酒屋いくどんにて、モツ煮やらとん玉やらとんかつやら、疲れたイワミ君仕様のハイカロリーつまみを注文。お酒を飲めないイワミ君はウーロン茶、ぼくは瓶ビールをいただきました。うまかったー。
  宴が終わり、店を出るともう、そこにイワミ君の自転車はありませんでした。放置自転車取り締まりのおじさんが回収してしまったのです。すごい! イワミ君ははんこを買って、自転車の集積所までバスに乗っていったとさ。イワミ君に対しては、町田市に代わりまして、おじさんの不適切な発言に対する謝罪と、税収アップのお礼を述べたいと思います。すみませんありがとう。

2011年6月29日 (水)

ゼンハイザーPX200-II

  ケツの穴の小さい男といわれるのはしゃくだが、ケツの穴の大きい男といわれてもさほどうれしくはない今日この頃。ぼくは耳の穴が小さいので、インナーイヤー型のヘッドホンがうまくフィットしないのが悩みでした。そこで、折りたたみできる携帯用のヘッドホンを買うことにしました。
  機種はゼンハイザーPX200-II。ホントのことをいうと、これよりはるかにお安い PX100-IIの音がびっくりするほど良くて、よほどそっちにしようかと思ったのですが、いかんせんオープンエア型なので、電車で使いづらい。そんなわけで、そちらはあきらめました。
  PX200-IIで驚いたのはその音の分離の良さ。メインで使っているヘッドホンは、昔は高級だったゼンハイザーのHD580。装着感を含めた使い心地はもちろんHD580の方が上なのですが、音の分離の良さやメリハリのきいた低音の迫力など、見た目は安っぽいPX200-IIの方が勝っているところも多いようです。音楽というか、HiFiの音を楽しむなら、最新機種が良いなあと思いました。

2011年3月11日 (金)

地震

  『奥の近道』(篝火舎心亭)、『精神現象学』(ヘーゲル/長谷川宏・訳)、『イブの息子たち』(青池保子)、『Lao‐tzu―The Way and Its Virtue』(Toshihiko Izutsu)、『ころころろ』(畠中恵)、『未来妖怪』(井上雅彦)、『博物館の害虫防除ハンドブック』(杉山真紀子)、『17歳のための世界と日本の見方』(松岡正剛)、『木に学べ』(西岡常一)、『黄金伝説』(荒俣宏)、『おいしい食卓の作り方』(葉原あきよ)、『屈原詩集』、『若冲と江戸絵画・図録』、『空海と高野山・図録』、『東京かわら版2002年2月号』……地震で棚から落ちてきた本。

2010年12月28日 (火)

分厚く重いおとどけもの

  Amazonからなにやらでっかい包みが届いた。どどーん。何か注文してたっけと開けてみると、それはボブ・ディランの『The Original Mono Recordings』のアナログセットだった。レコードが9枚も入っているのだから重いわけだ。もちろんお値段もかなりのもの。それにしても8月に予約したものが今頃届くとは……。
  bk1からなにやら分厚い本が届いた。ばばーん。封筒を開けてみると井筒俊彦の『神秘哲学』であった。厚さ5cmはあろうかという重厚な一冊。ずいぶんと読み応えがありそうです。もちろんお値段もかなりのもの。それにしても4月に予約した商品が今頃届くとは……。
  カード会社から来月の引き落としのお知らせが届いた。ががーん。なんで高額商品を今月にあわせて発送するかなあ……。

2010年12月22日 (水)

みどり

  何気なくみかんを手に取ったら手が緑色になった。カビていたのだ、うわーん。
  半分に割ったみかんを庭の枝に刺しておいたら、メジロが来てつついていた。羽根は緑。かわいい。

より以前の記事一覧

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ