2011年9月29日 (木)

ひとりビアマウント

  久々に高尾山のビアマウントへ。開店30分前から行列が出来るも、平日なので眺望の良い席を確保できました。遠くに新宿高層ビル群が見えます。
  3300円で飲み放題、食べ放題ということなので、なんとかビール10杯は飲みたかったのですが、空腹のあまり塩焼きそばを食べ過ぎておなかいっぱい。ビールは6杯止まりでした。たこ焼き器の貸し出しもあったけど、一人たこ焼きはちょっと寂しいので、やはり来年は複数人で来たいなあ。

2011年5月29日 (日)

日帰り勝沼ぶどう郷

  勝沼へ遊びに行きました。駅に着くなりタクシーに乗って勝沼醸造のワイナリーへ。甲州種のぶどうに焦点を絞って飲み比べました。おなじぶどう品種でも製法はもちろん、生産者や畑によってさえ味が大きく異なり、おもしろい。試飲は500円だけど、良質なワインを飲めるし、かなり酔っ払えるのでおすすめです。飲み過ぎるとテイスティングとしてはどうかと思いますが。
  ふらふらとした足取りで、予約してあったレストラン風へ。和牛ローストビーフのコースをお願いしたのだが、なんと、本日ローストビーフの注文はぼくらが初めてということで、あこがれの切り落とし部分をサービスでいただいた! 松本楽志の結婚式以来の快挙です。ここのローストビーフはふたつの部位が楽しめる上に、味が特別に濃厚なので100gでもかなり満足感があります。たいていの人は増量なしでも十分だと思います。
  しこたま食べて酔っぱらった足でまた勝沼醸造のワイナリーに戻りました。先ほど料金を払ったということで、何事もなかったかのように、今度はベリーA種のワインを飲み比べ。仕上げには高級なピッパもお代わりでいただいてしまってすみません。そんなわけで一升瓶を含むワインを6本ほど購入しました。たまたまごいっしょした常連さんには、ヤングコーンをいただきました。ありがとうございます。
  タクシーでぶどうの丘に移動して、温泉、天空の湯へ入湯。酔っぱらっての入浴は体に良くないので、よい子は真似しないでくださいね。

2011年2月 6日 (日)

パーソナルタイフェス

  きょうは職場の同僚の朝市さんのお家で開かれるタイ・フェスの日。でもその前に友人のお見舞いに北里病院に行った。北里病院は広くて見晴らしがいいなあ。次回は新刊の展望レストランにも行ってみたいものです。
  かなり送れて朝市さんのお家に行くと、みなさんお料理は一通り食べた後で、すでにまったりしてました。そんなわけで、シェフ健さんの手になる絶品のタイ料理(グリーンカレー、トムヤンクン鍋、カオマンガイ)を独り占め。うちから持って行ったパクチーも役に立って良かった。それにしてもこんなに食べまくって来週の検診が大丈夫なのか心配ですが、おいしいので僕にはなすすべがありません。そろそろ帰ろうかという段になって、キッチン周りで焼酎の緑茶割りをがぶがぶ立ち飲みしてしまいました。こんなに飲んで来週の検診が大丈夫なのか心配ですが、おいしいので僕にはなすすべがありません。
  駅からバスに乗って一瞬目をつぶっただけなのに、目を開くともう知らない土地でした。そこから1時間かけて歩いて帰りました。

2010年10月23日 (土)

絵と食事と酒と音楽

  グループ展「フリーランス見本市2010 in 東京」に立ち寄り、戸賀崎珠穂さんにごあいさつ。次々と作品を生み出す創作力に驚くが、それを上回りそうな作品の売れ行きで、2月の個展に作品が残っているのか心配です。新作はどんどん大胆になっていくなあ。
  高円寺のミニコミと家庭料理のお店「みじんこ洞」で里芋コロッケ定食、豆腐とナスの揚げだしをいただきつつ、生ビールを一杯。いや二杯。お料理もうまいがみじんこさんの笑顔がさいこーです。
  純情商店街の突き当たりにあるライブバー Moon Stomp で16tonsのライブを観た。といってもオリジナル・トンズのメンバー、ドラムの押田さんと井上さんにバグパイプのShigeさんを加えた変則メンバーなので、今回は「Super 16tons」なのだとか。ライブはドラムがドラムを持ってこないという珍しいアクシデントにより、急きょ借りてきたドラムを使うハプニング。着替える余裕もなかったのか、押田氏は塗料の着いた作業着のままでの演奏となりました。内装業なの?
  演奏は前回の下北のものにさらに16tonsの曲をプラスした内容でした。ハネカクシやガマやGEKKO(ヤモリ)が奏でる小さく異端で怪しく愛しい生き物たちの世界にたっぷりと浸ることが出来ました。tonsの曲ではうさぎとか兵器泥棒とかが前回やらなかった曲かな? バグパイプが入った構成はすばらしいけど、個人的には井上さんのアコーディオンも何曲か聴きたかったなあ。次回、ロフトのライブが楽しみです。

2009年11月15日 (日)

勝沼醸造の見学

  本日は勝沼ぶどう郷なり。まずはぶどうの丘へ行ってワインカーブを見学。ほんとうはお金を払えば試飲できるのだが、まだ朝9時なのでワインボトルの森を眺めるだけにしときましょう。それでも楽しい。
  続いて訪れたのが勝沼醸造。ここでも500円払えば試飲が出来ます。もう朝10時半なので飲んでもいいでしょう。解禁されたばかりの甲州ヌーボーからスタートして、12種類のワインを飲み比べさせていただきました。スタッフさんが一本一本丁寧に説明をしてくださるのでおいしさもまた格別です。せっかくなのでワインを購入させていただきました。十本も……。
  てくてく歩いてレストラン「風」へ。安めのランチコースのメインを評判のローストビーフにして注文。一杯目は発泡性のワインをいただきました。ローストビーフは思い切って100g増量にしたところ、ふたりで50gずつの増量にもかかわらず、かなり満腹になってしまいました。さらにローストビーフを注文したひとは通常一杯800円のワインが半額で飲めるというサービスもあり、迷わず注文。さっきワイナリーで試飲したピッパだけどね。この店はサラダがとてもおいしいのでご来店の際はぜひ注文を。
  比較的早い時間に帰宅して泥のように眠りました。おなかいっぱいなので晩ご飯は抜きです。

2009年9月22日 (火)

ものすごくうまい日本酒

  「ものすごくうまい日本酒が手に入ったので飲みに来ませんか」という礒野ひげ夫さんからのおさそいで、久しぶりにお宅にお邪魔した。鱸夫妻、ワルワルさんも加わって、ずらりと並んだ日本酒の大試飲大会。舌が変になる前に「今まで呑んできたどんな酒よりもうまい」と礒野ひげをうならせたお酒をいただいた。奥の松伊兵衛。うまい酒は水みたいとよくいうが、ほんとイヤミなくすいすいと行けてしまいます。でも何ともいえない味と芳香が舌と口に残るのです。礒野ひげさんが以前呑んだ瓶熟成の進んだやつとは違って新しいものでしたが、十分においしいです。おいしい酒を飲むと、あんまりつまみっていらないんですね。ついついいろんな酒を飲み過ぎてしまいましたよ朝帰り。

2009年4月10日 (金)

パタネゲロ

  さて、パタネグロはかつてToshi Onizukaが参加したバンドだが、それとは全く関係のない話。
  ※以下のコンテンツにはゲロ、嘔吐、吐瀉物に関する記述が含まれます。ゲロと聞いただけでも気分の悪くなる方、ゲロを見ただけでもゲロをゲロゲロとゲロってしまいそうになる方、ゲロの臭いを嗅ぐのもごめんだが、ゲロをかけられるのはもっと嫌だという方、ましてゲロを飲んだり食べたり、そして食べたゲロをまた吐いたりするなどもってのほかという方は、お読みにならない方が懸命でゲロゲロ。

  仕事明けに鶴間公園でお花見し(略)まさか翌日、一日かけて服はもちろん、布団カバー、枕カバー、シーツ、ベッドマット、マットカバーなどを洗濯しまくるはめになろうとは思いもしませんでした。
  こんなにひどい目にあったのは僕ぐらいだろうと思っていたら、上には上がいるもので、なんと健さん、車に跳ねられてました……。負けた!
  

2009年3月13日 (金)

どめよさらば

  仕事明けにどめさんの送別会。最初は例によっていくどんへ行ったのだが、人数が多くて入れず。しかもすごい雨風で身動きがとれません。運良く向かいのかにむらが開いていたので、そちらに駆け込みました。しかし車を止めに行った健さんがいつまでたっても戻ってきません。雨風がひどくて車内から出られないというのです。そんなわけで健さんに感謝しつつもほっといて、とりあえずかんぱーい。どめさん長い間ありがとう。これからもよろしくね。
  健さんも戻ってきたが、残念ながらかにむらは朝8時まで。で、またいくどんにもどって送別会の延長戦。かんぱーい。どめさん長い間ありがとう。これからもよろしくね。

2008年12月25日 (木)

たなかなつまみ

  今年も残すところあとわずか。さすがに仕事の量も減ってきて、早く家に帰れたので、たなかなつみワイン(白)をいただきました。もちろん嫁さんも飲んでいるのでたなかなつみはご安心を! つまみはターキーの残りとチーズとオリーブとフランスパン。

2008年12月19日 (金)

忘年2

  今週も仕事明けに忘年会。参加者は先週の男四人にガラシャさんとびばりさんを加えた、あまり代わり映えしないメンツ……。でもいいのだ、レバーのタタキさえ食べられれば。もちろんミルフィーユとんかつとモツ煮込みもね。瓶ビールが安らぐなあ。

より以前の記事一覧

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ